ルーキーのA組抜擢なし 即戦力期待でもB組のワケ…小久保裕紀監督が明かした狙いとメッセージ

ソフトバンク・小久保裕紀監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・小久保裕紀監督【写真:藤浦一都】

ドラ1前田悠伍には特別育成プログラム「キャンプ中にA組に来ることはない」

 ソフトバンクは26日、監督コーチ会議を行い、2月1日から始まる春季キャンプの組み分けなどを発表した。昨年のドラフト会議で指名されたルーキーの中で主力が集まるA組に抜擢された選手はなし。ドラフト1位の前田悠伍投手(大阪桐蔭高)、同2位の岩井俊介投手(名城大)、同3位の廣瀬隆太内野手(慶大)、同4位の村田賢一投手(明大)、同6位の大山凌投手(東日本国際大)の5人が宮崎でのB組でスタートすることになった。

 なぜA組スタートのルーキーがいなかったのか? 小久保裕紀監督は会議を終えてこう語った。「倉野コーチの育成方針というのがあって、一番最初はやっぱりB組の環境からスタートして、というのが方針でもあったんでそこは賛同しようと」。倉野信次1軍投手コーチ(チーフ)兼ヘッドコーディネーター(投手)の育成方針があると明かす。

 ただ、ホークスの場合、A組もB組も宮崎市の生目の杜運動公園でキャンプを行う。球場は隣にあり、ブルペンもすぐ横。その気になれば、小久保監督が自ら見にいくことも可能だ。「隣でやってますし、推薦があれば実際にどんどん呼びますし。そこは近くでやってる利点なんで。入れ替えるときはちゃんとやります」。キャンプインの時点ではA組にルーキーがいないというだけで、紅白戦などでの登板機会はある見込み。キャンプ中に昇格するチャンスと、環境は用意されている。

 ただ、その中で、1人だけ例外の選手がいる。それが大阪桐蔭高から入団した高卒ルーキーの前田悠だ。

「前田に関しては別なんで。初日からブルペンに入ることはないですし、彼は彼の特別育成プログラムが出来上がっている。他の即戦力のピッチャーとは全然ペースが違います。それを良しとしました」と語り、前田悠の場合は倉野コーチの下でしっかりトレーニングを積むことが重視された。「前田がキャンプ中にA組に来ることはないでしょうね。今のプログラムではないです」と指揮官もキッパリと言い切っていた。

 近年、ホークスでは高卒ルーキーは筑後のC組で1年目のキャンプインを迎えている。身体作りから始まる育成プログラムが用意され、それに沿って練習や食事の管理を行うのが通例となっていた。ただ、今年のホークスには倉野コーチがいる。昨年のワールドシリーズを制したレンジャーズのマイナーでコーチを務めた経歴があり、昨年メッツで12勝を挙げた千賀滉大投手も教え子の1人。投手陣に関しては、基本、小久保監督が一任する存在だ。

「今のコーチは変わらないといけないんです。日本のコーチングは遅れている」と語っていた倉野コーチが、2年間の渡米で培った知識と経験は、プロ野球人生のスタートラインに立ったばかりの前田悠にとって大きなプラスとなるはず。筑後で練習してもよかったはずだが、宮崎にいるB組に置いたのは、その倉野コーチの近くに未来のエース候補を置いておきたいという考えがあってのことだ。

 即戦力として期待されながら、B組スタートとなった岩井、村田、大山の3人はオーバーワークにならず、まずキャンプに慣れること、という小久保監督と倉野コーチへの配慮が見て取れる。指揮官は「ラグゼ(ホテル)の環境を最初に味わえ、そこから這い上がれ、と。まだシェラトンは早いというところです」と冗談交じりに語るが、それも理由の1つ。A組への挑戦権を持つルーキー達。宮崎でA組を狙いつつ、キャンプをスタートさせる。

(飯田航平 / Kohei Iida)

KEYWORD