なぜパドレスが鷹の秋季キャンプに参加? 球団幹部が明かした狙いとつないだ縁

ソフトバンク・藤本博史監督【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・藤本博史監督【写真:福谷佑介】

パドレスには昨季まで在籍したマルティネスら4人のNPB経験者が在籍

 ソフトバンクが3日から宮崎市内の生目の杜運動公園で行っている秋季キャンプ。そこにはテスト参加している米独立リーグ2冠王のコートニー・ホーキンス外野手だけでなく、他にも外国人選手が参加している。ダンカン・スナイダー投手とヘンリー・ヘンリー投手のパドレス傘下に在籍するマイナーの2投手だ。さらに同傘下3Aのマイク・マッカーシー投手コーチ、バイオメカニストなどスタッフ3人も来日してキャンプに参加している。

 なぜメジャーリーグの球団であるパドレスが、ソフトバンクのキャンプに選手とスタッフを参加させたのか。この疑問に、パドレスのエーシー興梠・環太平洋オペレーション部長が答えてくれた。エーシー興梠氏は「NPBの投手の育成法を学びに来たという感じです。ソフトバンクさんは日本でも育成にすごい力を入れている球団であり、学ぶものがいっぱいあると思う。今回来ても、やっぱりいろいろ面白い、取り入れようというものがあります」と明かした。

 パドレスのAJ・プレラーGMはレンジャーズ在籍時にダルビッシュ有投手の獲得に尽力。また広島で活躍したコルビー・ルイス投手を“逆輸入”した人物でもある。また、パドレスには今季ダルビッシュ有投手のほか、昨季までソフトバンクに在籍したニック・マルティネス投手、2019年までソフトバンクに所属し、2020年から2年間は阪神で守護神を務めたロベルト・スアレス投手、そして2019年に阪神でセットアッパーを務めたピアース・ジョンソン投手と4人のNPB経験者が在籍している。

「彼らがこちらに来て良くなって帰ってくるので、何かがあるんじゃないかと」

KEYWORD