中谷将大が“推薦候補”、リチャードには課題 小久保2軍監督の一問一答全文

ソフトバンクの小久保裕紀2軍監督【写真:上杉あずさ】
ソフトバンクの小久保裕紀2軍監督【写真:上杉あずさ】

中谷は「狙ってるボールを1球で前に飛ばせるようになってきてる」

 ソフトバンクの2軍は6日、鳴尾浜球場でウエスタン・リーグの阪神戦に臨み、5-4で競り勝った。4回に中谷将大外野手が先制の3号3ランを放つと、9回にはリチャード内野手が10号ソロ。先発の笠谷俊介投手が4回無安打無失点と好投し、収穫の多い試合となった。

 試合後の小久保裕紀2軍監督の一問一答全文は以下の通り。

――結果的には接戦になりました。
「中谷が最近状態が上がってきた中で、まあ1球でやっぱり仕留められてるっていうので、今日、バッティングコーチから好調打者の推薦で入れておいていいですかということで、入りましたけどね。ああいうふうに甘いボールを1球で仕留めるっていうのが、やっぱ状態上がってくるキッカケにもなってると思うんで」

「あとは、その次の回ですかね。リチャードにも話はしましたけど、ピッチャーがめちゃくちゃ苦しんでる中、次の1点を取っておけばもっと楽勝な展開になるのに、初球のスライダー、2球目の真っ直ぐ、逆かな、とにかくもう全然甘いボールですよ。最後のホームランの1点は大きいですよ。でも今日の試合全体では、あそこで犠牲フライの方が、同じ1点やったら価値はあると僕は思う、野球の流れ的には。あそこでやっぱり犠牲フライでもいいから打てるようなバッターになっていってもらわないと」

――5回1死満塁の場面ですね?
「そうそう。しかも相手は格下のピッチャーで、普通にいったら普通に打てるぐらいのピッチャーに対してという中で、次の1点を取っておけばもっと簡単にゲームが進んでいく展開。実際に9回のホームランは大きいですし、ホームランを打てるに越したことはないけど、試合の流れという点では、あそこでやっぱり仕留めるところにこだわってほしいですね」

――1死満塁で見逃し三振だった。
「見逃しの前のボールを前に飛ばせてないっていうのがね。狙っているボール、甘いボールを前に飛ばせてないっていうところが僕はやっぱり反省するところだと思う。という話もしましたし、バッティングコーチからもそういう話をされていましたけどね。毎回打てるわけじゃないですよ。でも、やっぱり1軍で少なからず経験があって、またそこに入っていこうかっていう選手が、言葉は悪いですけど、あの場面で、そんなに特別びっくりするボールがないピッチャーに対して最低限の仕事できないと良くないなっていう話はしました」

――中谷選手はホームランのあとにもヒット。
「狙ってるボールをね、この間、後半戦始まった1打席目に、佐賀で初球を三遊間に痛烈なライナー打ったんですけど、狙ってるボールを1球で前に飛ばせるようになってきてるっていうのがやっぱりいいキッカケになっていると思うんですよ。それが状態が上がってくる一つの要因でもあると思うんで。あの打席もファーストスイングでヒットにしたわけですから、彼の中で甘いボールを仕留められているっていう手応えを感じてるのかな、というふうには感じますけどね」

――推薦候補になるということであとは上との兼ね合い。
「そこを判断するのは上の首脳陣の方々ですけど、こちらとしては、今日は多分そこの枠に入ったと思います」

――先発の笠谷投手は4回無失点。デッドボールだけ。
「最近見た中で一番良かったんじゃないすかね。次も一応先発やらせるんで来週投げさせるんですけど、あれだけ投げられれば、十分じゃないですか」

――1軍は千賀投手、大関投手が不在に緊急事態。
「先発で回しておいて欲しいっていう話が来て、今先発でやらせているんで。あのくらいのピッチングをすれば、十分にチャンスはあると思います」

――最後は田中正義投手でした。
「やっぱり先頭バッターを2ストライクに追い込んだ後に打たれると、ああいう風になるものなんで。ただ、上も甲斐野が3連投目かな、今投げてましたけど、やっぱりこの8月が6連戦、6連戦、6連戦、7連戦みたいな感じで。だから絶対に中継ぎに疲労が来るんで、その時に元気な田中正義をハメ込められるようにやっていかないといけないですね、こっちは」

――連投テストもある。
「連投は明日するかどうかわからないですけど、それも含めて短いイニングをしっかり抑えられるようなところでの登板が続くと思います」

(米多祐樹 / Yuki Yoneda)

KEYWORD