渡邉陸が初スタメン、オーダー決定の考え方も明かす 鷹・藤本監督の一問一答全文

松田の存在感に脱帽「絶対ベンチに欠かせない選手」

――選手のモチベーションを上げる秘訣。
「マッチのベンチです。マッチがベンチに居ることが選手全体のテンションを上げてくれているってことです。僕は選手ともいろいろコミュニケーションとってやっていますけど、マッチを尊敬する選手ってすごい多いですよね。ベンチにずっと居るけどね、コーチも声出してくれてるけど、ベンチの中でマッチの声が一番響きますからね。本当、選手たちの精神的な支柱。僕の中では絶対ベンチに欠かせない選手だなというのは、そう感じますね」

「ベテランになって出番も減ってきて、その中でテンションを上げてやってくれているのは素晴らしいと思います。ただ、だから何とかしたいっていうのが当然ある。彼が長く野球をするためには、代打での起用も必要だし、ただベンチで声を出すだけで1年間いてくれというわけには行かない。その辺は上手いこと使いながらやっていきたい。若手を使うのと一緒ですよ。マッチのテンションを維持しながらっていうのも考えていかないといけないと思う。その辺が大事だなと。今年、監督になったときに『明るく元気に』と掲げて、そこにマッチが一番当てはまってるんですよね。そこは一番大事なところじゃないかな、とは思ってます」

――監督自身は初出場を覚えてますか?
「2年目か3年目で代打で出ただけ。初安打初ホームランは今井雄太郎さん(元阪急)からでしたけどね。大阪球場です。今井さんからホームラン打った2打席目ここ(胸元)にボール投げてきた。酒飲んでるからね。優しい人やけど、酒飲んだら気持ちが入ってくるから」

――緊張されましたか。
「その前にも打席に立って、3打席目だったからね。代打で何回か出た後にスタメンで出て、今井さんが先発。今井さんが最多勝取った年ですね。その時のピッチャーは加藤伸一です。今井さんもすごい優しいじゃないですか。僕も強面だけど、今井さんも強面で。ヤカンで何飲んでるのかと思ったら、酒飲んどったもんね。昔の人はすごいよ、今じゃ考えられない。酒豪やからね」

「(初出場とかは)みんな覚えていますからね。渡邉陸は今日のスタメンってのは絶対野球人生で覚えてるだろうから。いい思い出を作るために精一杯頑張ってくれたらいいんじゃないかなと思います」

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

KEYWORD