渡邉陸が初スタメン、オーダー決定の考え方も明かす 鷹・藤本監督の一問一答全文

広島戦は左8人が並ぶオーダー「好調な選手を並べたら、左ばっかりに」

――レイは中5日。
「杉山とレイと和田の3人は、2人が(先発で)投げて、1人は中継ぎロングに入るっていう形で投手コーチがシミュレーションしてくれている。レイは次、中5日で投げるのは決定しますけど、杉山も投げるんじゃないかな。和田が次が投げてどうなるか。そもそも千賀次第だけどね。千賀が中日戦にいく予定だから、それが駄目な場合はその3人が投げる。今ちょっと複雑なところ」

――森下は公式戦で初対戦。
「いいピッチャーですよね。ウチの選手はみんないいピッチャーばっかり来るなということを言ってますけど。そこはもう初対戦ではないから。オープン戦とかで、何回かはあるわけですから、ある程度ボールは見ているんで、積極的に昨日みたいな攻撃をしてくれたらいいんじゃないかなと思います」

――好調な人から並べたら左が並んでしまう。
「左を並べているわけじゃないですよ。好調な選手を並べたら、左ばっかりになってしまったっていうこと。明石も2軍で好調で推薦されてきて、牧原(大)もジョーカーとして代打の切り札に置いておきたい、というところもある。牧原(大)は1年間、体の状態もあるんですよね。疲れているとか、特に怪我しやすい選手は見ながら、休ませたり、使ったりとやっている。それがうまく今のところいっている」

「ずっと出し続けたら、絶対にどっか(怪我を)やりますよ。そういうのも踏まえている。この3連戦はいいピッチャーが3人来るんで、ちょっと行ってもらう可能性はありますけど。牧原の場合、左右は関係ないんで。その辺はいろいろ体の調子とか考えながらオーダーを決めているんで。本当はずっと使いたいですよ。ずっと使い続けたら絶対こうなって(落ちて)きます。いい状態を維持しながら、本人のテンションも上げながらっていうのをね、やっているんで。その辺が一番難しいところですね」

松田の存在感に脱帽「絶対ベンチに欠かせない選手」

KEYWORD