鷹・小久保2軍監督が語る真砂勇介の課題 ファーム打率4割超も…なぜ1軍で結果出ず?

ソフトバンク・真砂勇介(左)と佐藤直樹【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・真砂勇介(左)と佐藤直樹【写真:藤浦一都】

佐藤直の課題にも言及「振り回す選手はいらないと思う」

 この日3安打を放ったように、2軍では結果は十分に出せている。真砂の課題は、その打撃をそのままどう1軍でも貫けるか、ということにある。「ファームでやっている姿をそのまま1軍で出せるようにするにはどうしたらいいかっていうことで、メンタル的なところも含めて。技術的な指導は全くしていないんですけど、気持ちの持ちようというか、せっかくいい技術があって、今年ちょっとスタイル変わってきてるんで、今のそのスタイルで、上でもそのまま出してくれればいいなと思います」と小久保2軍監督も言う。

 この日「2番・中堅」で出場した佐藤直樹外野手にも課題がある。この日は第1打席でノーサインでセーフティ気味にバントを試みる(結果は犠打)と、2回には適時二塁打を放って1打数1安打。佐藤直も真砂同様に打率.385と高いアベレージを残す。俊足も武器の佐藤直について小久保2軍監督は「落ちてきてすぐに話したんですけど、もう振り回す選手はいらないと思うんですね。あいつの武器は、塁に出たら、もうめちゃくちゃ貴重な戦力なんで。塁に出るためにどうしたらいいか。打者の役目って走者に出ることと、走者を進めることと、返すことの3つしかない。その3つの中のどの打席なのかってことを考えてほしいと」と指摘した。

 2軍で結果を残せていても、1軍ではそう簡単にいかないのがプロ野球の世界。いかにして1軍で結果を残せるか。真砂と佐藤直という期待の右打者2人は、小久保2軍監督から教えを受けつつ、来たるべきチャンスに備えている。

(米多祐樹 / Yuki Yoneda)

KEYWORD