鷹・小久保2軍監督が語る真砂勇介の課題 ファーム打率4割超も…なぜ1軍で結果出ず?

ソフトバンク・小久保裕紀監督【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・小久保裕紀監督【写真:福谷佑介】

「1軍に行った時に、2軍でやってきたことを出せていないだけ」

 30日にタマスタ筑後で行われたウエスタン・リーグの阪神戦。7-5で勝利したソフトバンクで存在感が際立ったのが「3番・中堅」でスタメン出場した真砂勇介外野手だ。4打数3安打2打点1盗塁の活躍で、今季の2軍公式戦の打率を.413に上昇させた。

 初回の第1打席は三振に倒れたものの、2回にショートへの内野安打で出塁。4回無死一、二塁のチャンスではレフトへの適時二塁打を放ち、7回にも走者を二塁に置き、左翼への適時打。中押し、ダメ押しの適時打を放ち、3安打の固め打ち。4月22日に出場選手登録を抹消されたものの、状態は良好のようだ。

 2軍で打率4割超と結果を残している真砂だが、1軍では今季12試合に出場して13打数2安打、打率.154と結果を残せていない。1番でスタメン起用された4月12日のロッテ戦(長崎)で2安打したものの、その後は安打が出ずに、ファームに降格となった。そんな真砂の現在の課題を、小久保裕紀2軍監督が語った。

 3安打を放った30日の試合後、小久保2軍監督は「真砂はね、1軍に行った時に、2軍でやってきたことを出せていないだけなんですよ。その話も本人にもしている。やっぱりどうしても結果を欲しがって、こっちでやってるバッティングスタイルじゃなくて、ボール球にも手を出してしまっている。打席の中で、やっぱり打たないとすぐにファームだという焦りが出ているのが分かってしまっているのでその話ばっかりしてます」と指摘する。結果を求めるが故に、1軍では本来の打撃が鳴りを潜めているという。

佐藤直の課題にも言及「振り回す選手はいらないと思う」

KEYWORD