石川柊太の1軍復帰は先送り…斎藤学コーチ「調整登板させる」 28日楽天戦の先発は?

ソフトバンク・石川柊太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・石川柊太【写真:藤浦一都】

28日の楽天戦を復帰のメドに設定していたが、ブルペン投球を経て先送りに

 ソフトバンクの石川柊太投手が、ファームでの調整登板を挟むことになった。不振により出場選手登録を抹消されている右腕は25日、PayPayドームのブルペンで投球練習。これを見守った斎藤学投手コーチは「一度、調整登板させます」と、28日の楽天戦がメドとされていた1軍復帰を先送りすることを明かした。

 今季の石川は11試合に登板して3勝3敗、防御率は4.53。5月10日の西武戦では7回を投げて4点を失いながら、無四球10奪三振をマークして勝利投手になった。だが、同27日のロッテ戦では7四死球3失点で4回降板。6月10日の巨人戦、6月17日の阪神戦はともに3回2/3でKOされて、出場選手登録を抹消されていた。

 23日の練習から石川は1軍に再合流。この際、森浩之ヘッドコーチは「中10日でどんな感じになるか。1回リフレッシュのために、本人と話して、一度、1軍から外れて調整してこいと決断してやっている。10日後にっていうのはまだ確定ではない。本人がこの調整で大丈夫ですっていう自信があったら、そこ(28日)に行くという、こちらとしては準備があるというところ」と語り、この日のブルペン投球を見た上で、判断するとしていた。

 ブルペンでの投球練習について森ヘッドは「まあまあだと思う。悪くはなかった」と語ったものの、斎藤学コーチは「一度、調整で登板させる」とファームで登板させる考えを明かす。28日の楽天戦には、18日の阪神戦で6回途中6安打無失点と好投したカーター・スチュワート・ジュニア投手が登板する見込み。不振に苦しむ右腕の復活を期待し、一度、ファームでの登板を経ることになった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

KEYWORD