「間違いじゃなかった」松本裕樹に芽生える自信 印象に残るオリ右腕との会話

ソフトバンク・松本裕樹【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・松本裕樹【写真:藤浦一都】

「自分の持ってるものしか出せない』と言うところは山岡さんとかと話した」

 ソフトバンクの松本裕樹投手が2月1日のキャンプインに向けて調整を進めている。27日には今年初めて福岡・筑後市のファーム施設「HAWKSベースボールパーク筑後」を訪れて自主トレを行った。23日までは広島の野球専門トレーニング施設「Mac’s Trainer Room」でオリックスの山岡泰輔投手や杉本裕太郎外野手らと自主トレに励み「継続してやってきたことが今年はだいぶ理解出来て、その上でやれたかなと思っています」と手応えを口にする。

 今季も勝利の方程式の一角として期待がかかる松本裕。「今年はある程度(勝負する)ポジションが決まって入れるので、そこに向けて12月、1月はやって来ました。まずしっかり身体を作って、シーズン中のトレーニングだったり、そういうのを通して1年間、またその先の野球人生を通して成長出来たらなと思って。そういうところを大事にやってきました」と、このオフの取り組みについて語る。

 自主トレではトレーナーの高島誠氏のもとに集まった10人を超える選手達でたくさんの意見交換も行った。「いろんな人にトレーニングの話を聞いたりして、取り組んできたことが間違いじゃなかったんだなというところと、そこのジム自体も毎年同じことをやっている訳でもなくて、毎年毎年やることも変わってくるので、新しい考え方とかも取り入れられたのかなと思います」。松本裕自身も、毎年、変化するトレーニングと環境に刺激をもらった。

 中でも山岡との会話が印象に残っている。「『自分の持ってるものしか出せない』と言うところは山岡さんとかと話して。自分ができない部分を出そうとしても、いろいろ悩んだりしてしまうので、その日の自分がやれるベストを常に出すという所を考えてやっていけたらなと思います」とメンタル的な面でもディスカッションした。「自分が一番いい時を思い描いてやってしまうと、良くなかった時に焦ったりしてしまう。今日はこんなもんだと割り切って、その中でどうするかっていうところを考えていく感じ」。シーズンを戦う上での引き出しも増やすことが出来た。

 昨季掴んだ手応えはある。「去年いろいろ掴んだところはあるので、そこは継続してやっていって、さらに自分のものに操れるようにしていきたい。諦めたボールとかもあるので、そこは新たにチャレンジしていけたらなと思います」。その手応えの一つがフォークだ。昨シーズンの開幕当初はスプリット系の小さな変化だったが、シーズン途中から落差の大きさを求めてモデルチェンジし、終盤の大活躍に繋げた。

 中継ぎとして投げるからには今季の目標に「50試合」を掲げる。「どこのポジションであっても、自分が良いピッチングをして、チームの勝ちに繋がるように投げるのが1番なので、どこのポジションとか考えず、自分の持っているものを出せたらなと思います」と頼もしい。今季の方程式は8回モイネロ、9回オスナの並びは決定。残る7回に松本がきっちりハマれば、鉄壁の勝ちパターンが出来上がる。

(上杉あずさ / Azusa Uesugi)

KEYWORD