鷹の新戦力・嶺井博希は「めちゃくちゃいい人」 後輩が明かす新加入捕手の人柄

報道陣に自主トレを公開したソフトバンクの嶺井博希【写真:福谷佑介】
報道陣に自主トレを公開したソフトバンクの嶺井博希【写真:福谷佑介】

「この自主トレは1年間戦う体を作るのが目標」

 ソフトバンクに新たに加入した嶺井博希捕手が16日、巨人に移籍した松田宣浩内野手のもとで増田珠内野手や野村大樹内野手らと宮崎県内で行っている自主トレを報道陣に公開した。FA移籍して迎える新天地でのシーズンに向けて「この自主トレは1年間戦う体を作るのが目標。しっかり強くするというのがテーマです」とまずは体作りに注力して自主トレを進めている。

 松田のもとで自主トレを行うのはこれが4年目。例年、まずはみっちりとフィジカルトレーニングを積んでからシーズンに向けた準備を進めていく。ここまでは順調。「体はもう仕上がりました」と語り「打つことも投げることも走ることもそうですけど。去年の自分を超えられるように、しっかりレベルアップしたいと思っています」と、ここからは技術練習も増やしていく。

 移籍1年目ということでコンビを組むことになる投手陣も顔ぶれは変わる。すでにオフの間にホークス投手陣の映像を確認して“予習”も行った上で「映像と実際に捕る球は違うと思う。あまり先入観は入れずにいきたい」。キャンプでは連日ブルペンで投手陣のボールを“捕りまくる”つもりで、「どういう性格なのか、どういう投手なのか把握したい」と積極的にコミュニケーションを図る考えだ。

 一緒に自主トレを行う増田が「めちゃくちゃいい人です。後輩思いというか、こんないい人いるんだ、というくらい」と感激するほどの人柄だという嶺井。この日の自主トレでは、亜大の先輩である松田から次々に無茶振りが飛び、一発芸や即席のホームランパフォーマンスまで提案、お披露目させられていた。

「妥協がなく、どんなキツいことも前向きに、明るく進んでいくというところは毎年勉強させてもらっています」と尊敬の眼差しを送る松田から、移籍1年目に向けて「『元気出していけよ!』『自分をアピールしていけ』と言われました」と助言も貰った。福岡で迎える最初のシーズン。「優勝に貢献できるようにしたい」とチームに貢献することを第一義として戦っていく。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

KEYWORD