鷹・嶺井に松田が本塁打パフォ考案 ニックネームにちなんで「バウ!バウ!バウ!」

自主トレで汗を流すソフトバンク・嶺井博希【写真:福谷佑介】
自主トレで汗を流すソフトバンク・嶺井博希【写真:福谷佑介】

DeNA時代のチームメート桑原が命名したニックネームは「バウ」

 ソフトバンクに今季から加入した嶺井博希捕手が16日、野村大樹内野手や増田珠内野手、牧原大成内野手、野村勇内野手らと巨人・松田宣浩内野手のもとで行う自主トレを報道陣に公開した。DeNA時代のニックネームを披露すると、今季のホームランパフォーマンスを突然、松田が考案。集まった報道陣の前でお披露目させられていた。

 FAでDeNAから今季ソフトバンクに加入した嶺井。4年前から亜大の先輩である松田のもとで自主トレを行っており、移籍1年目となる今季もそれを継続。合同自主トレ最終日のこの日も午前中からみっちりと体を追い込み「この自主トレは1年間戦う体を作るのが目標なので。今年もしっかり作れていると思います。しっかり強くするのがテーマです」と語った。

 自主トレ開始のタイミングでは何やら松田に耳打ちされると、カメラの前で「皆さん、バウと読んでください」と自己紹介。「バウ」とはDeNA時代に桑原将志外野手に命名されたニックネームで、嶺井はその由来について「こんな声なので、バウバウ聞こえるらしいです」と明かしていた。

 約2時間、フィジカルトレーニングに汗を流すと、キャッチボール、ノック、バッティングと練習メニューを消化。トレーニング終了後には突然、松田が今季のホームランパフォーマンスを発案。両手を犬のようにしながら「バウ!バウ!バウ!」と叫ぶポーズで、松田の無茶振りにより、ベンチ前で報道陣に向けて“初披露”させられて苦笑いを浮かべた。

 なにはともあれ、2月1日のキャンプインに向けて調整は順調そのもの。「体はもう仕上がりました。毎年仕上げてもらっています。毎年ここでしっかり体を作るのが目標なので、今の段階ではできていると思います」と充実の表情を浮かべていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

KEYWORD