食事は寮長が部屋の前まで… 鷹ドラ1の「部屋で独りぼっち」だった隔離期間

ソフトバンクのイヒネ・イツア【写真:米多祐樹】
ソフトバンクのイヒネ・イツア【写真:米多祐樹】

「頭痛、喉の痛み、咳、鼻水もけっこうひどかったです」新型コロナ陽性で出遅れ

 ソフトバンクのドラフト1位イヒネ・イツア内野手(愛知・誉高)が14日、福岡筑後市のファーム施設「HAWKS ベースボールパーク筑後」で行われている新人合同自主トレに初参加した。新型コロナウイルスの陽性判定を受けて自室に隔離されており、この日ようやく復帰。汗を流し「めちゃくちゃキツイです。1週間休んでいたので、体力的にも落ちている」と振り返った。症状については「頭痛、喉の痛み、咳、鼻水もけっこうひどかった。熱も38度くらいでした」と明かし、ようやく一歩目を踏み出した。
 
 隔離中、症状が少しずつ軽くなってからは体幹メニューなどもできるようになったが、食事も寮長が自室の前にまで持ってきてくれる生活。トイレ、風呂程度しか部屋の外には出られなかった。その中で心の癒しになったのはメジャーリーグの映像。YouTubeでファインプレー集を見続けていたといい「ショートをやっているので、ダイビングキャッチの映像とか、そういうのを見ていました。(ああいうふうに)なりたいとは思っています」と明かす。「ずっと部屋で独りぼっちだったので。長いんですよ、一日が。(隔離が終わって)嬉しいです」とはにかんでいた。

 この日は別メニューでの調整だった。同期のルーキーたちから遅れを取る形となってしまっただけに「スタートからコロナになってしまって、みんなより出遅れている部分はあるんですけど。取り返していきます」と意気込んだ。

(鷹フル編集部)

KEYWORD