今宮健太が明かした意外な「僕の課題」 オフの大補強で密かに感じる“不安要素”

自主トレで汗を流すソフトバンク・今宮健太【写真:竹村岳】
自主トレで汗を流すソフトバンク・今宮健太【写真:竹村岳】

自身の性格を人見知りだという今宮「僕が緊張しちゃう」

 選手会長にだって苦手分野はある。チームを引っ張るリーダーなら、束ねていかないといけないのが“新戦力”だ。ソフトバンクの今宮健太内野手が11日、福岡・宮若市内で自主トレを公開。今オフは球団が大型補強で戦力を整えたが、今宮は「まだお会いしていないのでわからないところもありますけど、自分から喋れるタイプではないので。逆に僕が緊張しちゃうくらい」と苦笑い。頭をかいた。

 今オフは日本ハムから海外FA権を行使した近藤健介外野手、昨季はロッテで10セーブを挙げるなど活躍したロベルト・オスナ投手、米大リーグ・レンジャーズ傘下3Aを自由契約となった有原航平投手など、次々と実力者のホークス入りが決まった。とはいえ、キャプテンの柳田悠岐外野手を筆頭に、生え抜きの選手たちにもチームを引っ張っていく自覚は強いはず。選手それぞれが責任と自覚を持ち、一丸になろうとするからこそ優勝に向かって走っていける。足並みを揃えるためにも、中堅選手の役割はより大きいシーズンとなる。

 今宮は自身の性格を「人見知り」だと分析している。他球団の選手との交流が醍醐味でもあるオールスターゲームに昨年、ファン投票で選出された時も「しゃべる機会があればしゃべりたいです」と控えめに話していた。近藤や有原、国内FA権を行使して入団した嶺井博希捕手などとは、これまでの経歴を見ても接点は多くない。

 それだけに新戦力を束ねるという役割には「僕の課題ですね」といってやまない。「しゃべれないので。柳田さんに任せます」というスタンスだ。それでも「いろんな選手が入ってくるので、しっかりコミュニケーションを取れるようにやっていきたいです」と今後の成長を誓う。選手会長として2年目、守備面でも内外野を統率する遊撃を守るだけに、自身の「人見知り」に向き合わなければならないシーズンになりそうだ。

 長年、チームリーダーとしてホークスを引っ張ってきた松田宣浩内野手が退団し、巨人に移籍した。目に見える部分はもちろん、様々な意味でホークスの伝統が下の世代に受け継がれようとしている。今宮も「松田さんがいなくなって、柳田さんだったり中村晃さんだったり、僕だったりがついてきてもらえるような姿勢を見せていかないといけない。いろんなところでチームを引っ張っていかないといけない」と力強い表情で誓った。

 昨年は130試合に出場して打率.296、7本塁打など打撃面で成長を見せた。今季の目標には「3割というところにもう一度挑戦したい」と掲げていた。

(竹村岳 / Gaku Takemura)

KEYWORD