「ダメなら終わり」「他でやるつもりない」中村晃がにじませた覚悟と愛と信念

自主トレを公開したソフトバンク・中村晃【写真:編集部】
自主トレを公開したソフトバンク・中村晃【写真:編集部】

33歳になっても落とさぬ練習量「信じてやってきたもの」

 ソフトバンクの中村晃外野手が悲壮な覚悟をにじませた。10日、福岡市内で渡邉陸捕手、育成の早真之介外野手らと行う自主トレを報道陣に公開。プロ16年目のシーズンに向けて「駄目だったら終わりという覚悟でやっていますし、自分を奮い立たせてやっています」と背水の思いを口にした。

 2007年の高校生ドラフト3巡目で入団した中村晃は、2013年にレギュラーに定着すると、チームの中心選手として活躍を続け、2018年オフには4年契約を結んだ。だが、翌2019年は自律神経失調症を患いわずか44試合の出場に終わると、その後も満足のいく数字は残せず。昨季も114試合の出場で打率.253、7本塁打51打点に終わった。

 このオフ新たに2年契約を結んだものの、胸にあるのは“駄目なら引退”という覚悟だ。「ここ数年、成績があまり良くないですから、2年契約をもらいましたけど、駄目だったら終わりだな、と。打てなかったら終わりですから。他でやるつもりもないですし」。契約更改の際にも口にしていた“生涯ホークス”の思い。裏を返せば、チームから必要とされなくなった時には“引退”を意味することになる。

 昨年の11月で33歳となり、2年契約が終わる時には35歳。年齢を重ねると共に身体にも当然、変化が起こるが、信念は揺るがない。コツコツとバットを振り、地道な努力を重ねてきた男。「しっかりたくさん練習して作ってきたタイプなので、そこは崩したくない。それをやって駄目でもしょうがない。逆にセーブしてやって駄目だった方が後悔すると思うので、そこは自分を変えずにいきたいなと思ってます。信じてやってきたものなので、そこは自信を持ってやっていきたいなと思ってます」と自身の道を貫く。

 ここまでの自主トレには手応えを得ており「非常に体もよく動いていますし、いい感じで来ていると思います。走攻守、体力もそうだし、全てにおいてしっかり準備したい」と語る。まだまだ老け込むには早すぎる。2023年、レフティースナイパーが輝きを取り戻すシーズンになってもらいたい。

(取材・米多祐樹 / Yuki Yoneda)

KEYWORD