1軍ローテ入りも「可能性ある」 小久保2軍監督が期待する3年目の“チルドレン”

新人合同自主トレを視察したソフトバンク・小久保裕紀2軍監督【写真:竹村岳】
新人合同自主トレを視察したソフトバンク・小久保裕紀2軍監督【写真:竹村岳】

ウインターリーグから帰国後に決意のメッセージ「今年はやります」

 ソフトバンクの小久保裕紀2軍監督が8日、ファーム施設「HAWKS ベースボールパーク筑後」でスタートした新人合同自主トレを視察した。視察後には報道陣に対応し、今季3年目を迎える田上奏大投手について「(1軍に割って入る)可能性はある」と期待を寄せた。

 新人合同自主トレの初日、プロとしての第一歩を踏み出したルーキーたちに訓示を述べた小久保2軍監督は既存の若鷹たちへの想いも口にした。指揮官としての1年目を共に戦った選手たちについて問われると「急に1軍よりは2軍でまずレギュラーじゃないですか? その目標でいいと思います」としつつ「田上の場合は可能性あるんで」と語った。

 田上は高卒2年目だった昨季、育成で迎えながら開幕直後に支配下に復帰。1軍で先発デビューを飾ると、デビュー戦で6回途中無失点と好投した。2試合の登板にとどまったものの、そのポテンシャルの高さを示した。その後も2軍でローテを守り“小久保チルドレン”の1人と言える存在だ。

 今季は千賀滉大投手がメッツに移籍したため、ローテの枠は1つ空くことになる。田上にとってもチャンスで、指揮官の期待も膨らむ。小久保2軍監督によれば、プエルトリコのウインターリーグに派遣されていた田上は帰国後「今年はやります」という決意のメッセージも送ってきたという。田上自身も今季に向けて並々ならぬ思いを持っているようだ。

「既読になるのがちょっと遅いんですけどね。目上の人から来たらすぐ既読で返信なんですけど、次の日に返信が来る。それはちょっと言っときます」と笑わせた小久保2軍監督だったが、それも“愛情の裏返し”か。「手応えをつかめたウインターリーグだったってことだったんで、楽しみですね。自分で決めたことをきっちりやれる子なんで、その辺は全然心配していない」とキャンプ、シーズンに期待を膨らませていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

KEYWORD