野村勇が大先輩に挑戦状「今宮さんに勝ちたい」 万能選手が遊撃奪取に挑む胸の内

自主トレを公開した野村勇【写真:竹村岳】
自主トレを公開した野村勇【写真:竹村岳】

「重点的にショートをしっかり守れるようになって、勝ちたいなと思います」

 大先輩へ挑戦状を叩きつけた。ソフトバンクの野村勇内野手が7日、久留米市野球場で牧原大成内野手らと行っている自主トレを報道陣に公開した。ポジションのこだわりを問われて「基本、内野で勝負したいと思っているんですけど。重点的にショートをしっかり守れるようになって、今宮さんとしっかり競争して、そこで勝ちたいなと思います」と宣言した。

 昨季、チームはオリックスと同率ながらも直接対決の差で優勝を逃して2位に終わった。今季に向けて藤本博史監督はレギュラー白紙を強調してきたが、今宮健太内野手は昨年130試合に出場して打率.296、7本塁打。ベストナインにも返り咲くなど、数字でも存在感でもチームを引っ張った。指揮官が白紙と言えども、最もレギュラーに近い選手の1人だ。

 大型補強でどのポジションも競争は熾烈だが、野村勇は遊撃競争にはっきりと「勝ちたい」と言い切った。2023年はすでに栗原陵矢外野手が三塁専念を明言。二塁も三森大貴内野手や周東佑京内野手らがポジションを奪い合い、遊撃&三塁ならフレディ・ガルビス内野手も控えている。

 外野には柳田悠岐外野手をはじめ、新戦力の近藤健介外野手、牧原大、柳町達外野手、正木智也外野手、上林誠知外野手らがひしめいている。チーム内の競争を勝ち抜くことがレギュラー獲りへの第一歩であり、最大の壁。野村勇は昨年、二塁で22試合、三塁で66試合、遊撃で20試合に出場。外野でも1試合だけ出場した。

 自身の役割についても「監督が作戦だったりで決めることなので。サード、セカンドをやれと言われたらやります」と理解した上で「その中でも一旦、ショートを全力でやろうかなと思っています」と改めて意欲を表した。今宮も昨年以上の成績とチームのリーグ優勝を目指して自主トレを過ごしている。目の離せない競争は、すでにスタート。野村勇も「30本塁打と30盗塁を目指して頑張ります」と目標を掲げた。

(竹村岳 / Gaku Takemura)

KEYWORD