「意味は理解していないですけど…」 ドラ1イヒネ、なぜ黄色のダルマと入寮?

入寮したイヒネ・イツア【写真:米多祐樹】
入寮したイヒネ・イツア【写真:米多祐樹】

小学校時代に所属していた瑞穂イーグルスの壮行会で贈られる

 ソフトバンクのドラフト1位イヒネ・イツア内野手(愛知・誉高)が5日、福岡・筑後市内の選手寮『若鷹寮』に入寮した。持参したのは、自身の名前が大きく記された黄色のダルマ。小学校時代に所属していた瑞穂イーグルスのチームメートがプレゼントしてくれたといい「丸い(笑)。丸いものをもらったと。(黄色は)チームのカラーに合わせてくれたんですかね」と率直な感想を笑顔で語った。

 昨年12月中旬にイヒネのプロ入りを祝って壮行会が開催され、その時に黄色の縁起物を受け取った。ダルマに目を入れることは「入魂」「願掛け」「開眼」などの意味があるとされ、イヒネ自身も筆を持って目を描いた。「意味は理解していないですけど。その場で書いてと言われたので。無心で書きました」と茶目っ気たっぷりに笑ったが、球友の思いをしっかり受け取って福岡まで持ってきた。

 年始には家族旅行で訪れた東京都内の神社に初詣へ。「野球のことだったり私生活だったり、人生についてお願いしました」と”願掛け”はバッチリだ。高校時代に続いて、福岡でも寮生活がスタートする。「いろんな人から礼儀だったりをしっかりしなさいと言われたので。そういう部分は失敗しないようにしたいです」と背筋を伸ばした。

 いよいよ始まる高卒1年目。背番号は、前年まで牧原大成内野手が背負っていた「36」を受け継ぐ。体作りを目標に掲げるルーキーが目立つ中、イヒネは「自分的にはできることならすぐにでも1軍の舞台に立つこと」と闘志を燃やしていた。8日から始まる新人合同自主トレで、まずはアピールを積み重ねていく。

(鷹フル編集部)

KEYWORD