鷹・東浜巨、来季FA取得見込みで3年契約 1億大台超え「責任大きくなっている」

契約更改交渉に臨んだソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】
契約更改交渉に臨んだソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】

今季は5年ぶり2桁勝利も規定投球回乗らず「悔しいの一言です」

 ソフトバンクの東浜巨投手が25日、本拠地PayPayドームで契約更改交渉を行い、新たに3年契約を結んだ。年俸は非公表としたものの、7000万円増の推定1億5000万円程度と見られる。2012年のドラフト1位で亜大から入団した東浜は順調なら来季中に国内FA権を取得する見込みで、それを見越しての複数年契約締結となった。

 プロ10年目の節目の年となった今季は開幕ローテ入りを果たすと、シーズンを通してローテを守り、23試合に登板。自身5年ぶり2度目の2桁勝利となる10勝6敗、防御率3.11をマークした。5月11日の西武戦では史上84人目となるノーヒットノーランも達成した。

 ただ、チームが目前でリーグ優勝を逃したこともあり「悔しいの一言です。規定に乗らなかったのが1番悔しいですし、いい時と悪い時の波の大きい1年だった。反省しないといけないし、優勝できなかった一因だと思う」と反省の思いが口を突いた。リーグ優勝奪還を目指す来季に向けて「責任は年々大きくなっていると思いますし、引っ張っていかないといけないと言うのは自覚している」と語っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

KEYWORD