鷹・石川柊太は3000万円増の1.5億円で更改 7勝10敗もチーム2位の投球回を評価

契約更改を行うソフトバンク・石川柊太【写真:藤浦一都】
契約更改を行うソフトバンク・石川柊太【写真:藤浦一都】

今季は23試合の先発で7勝10敗と黒星が先行した

 ソフトバンクの石川柊太投手が22日、本拠地PayPayドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、今季から3000万円アップの年俸1億5000万円(金額は推定)でサインした。更改後の会見では「連続でイニングをしっかり投げてくれたと言うのを評価してくれた。嬉しく思いましたし、来年は球団の評価に応えないといけないと思いました」と語った。

 2013年の育成ドラフト1位で創価大から入団し、今季が9年目だった石川。開幕ローテ入りしたものの、3度の出場選手登録抹消もあり、今季は23試合の先発で7勝10敗と黒星が先行。2年連続で2桁勝利はならず、防御率も3.37に終わった。規定投球回には届かなかったものの、チーム2番目となる136回1/3を投げた貢献を評価された。

 ただ、チームで最多となる51個の四球を与えたこともあり「防御率もいい時と悪い時にムラがある分、もう少し落とせたし、言われている四球という部分でも無駄な四球が多いと思う。改善していかないといけないと思っている」と課題も口にする。来季は盟友の千賀滉大投手が抜けることもあって「2桁勝つとか15勝とかじゃなく、全部勝つつもりで投げていきたい」と語っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

KEYWORD