松田宣浩になるのは「正直無理なんで」 今宮健太が痛感した偉大さと“熱男なき鷹の未来”

ソフトバンク時代の松田宣浩【写真:藤浦一都】
ソフトバンク時代の松田宣浩【写真:藤浦一都】

「ああいう形でチームを引っ張っていけと言われたても正直無理」

 ソフトバンクの今宮健太内野手は21日、今季から1000万円増の年俸3億円(金額は推定)で来季から新たに2年契約を結んだ。定められた条件をクリアすれば、自動的に3年目の契約が延長されるオプション付きで「正直ありがたすぎる契約」と感謝した。契約更改後の会見で改めて語ったのは、今季で退団となり、巨人への移籍が決まった松田宣浩内野手の存在だった。

 今季、不動の遊撃手の座に返り咲き、キャリアハイとなる打率.296、7本塁打47打点。近年悩まされていた故障での離脱もなく、1年間戦い抜いたチームリーダーは、松田がいなくなる来季に向けて「ああいう形でチームを引っ張っていけと言われたときに『頑張ります』とも言えませんし、正直無理なんで」と口にした。

 ムードメーカーとしてチームを支えてきた松田。三遊間で長らくコンビを組み、間近でその姿を見てきた今宮は「極端な話、本当に365日、野球の時のテンションっていうのはエゲツないんですよ。自分がどれだけ打てなくても、エラーしてもチームを鼓舞する。そういう姿っていうのはなかなかできない」。どれだけ打てなかろうが、ミスを犯そうが、そしてベンチにいようが、“熱男”はブレなかった。

「これから、ああいう存在は現れないんじゃないかっていうぐらい、本当にチームにプラスをたくさん持ってきてくれた、野球の中で本当にリスペクトする大先輩なんで。打てなかったら『あぁ……』ってなるのはもちろんのところ。そういう状況下であっても、チームを鼓舞して、勝つためというところを最優先でやってもらってきた。僕たちが若いときから一緒にやらせてもらって、すごく助かったところはある」

共に戦ってきたからこそ、松田の変わらない姿勢の凄さが痛いほど分かる。松田と同じようにはできないまでも「僕らが次、逆の立場として、やっぱり下の子たちにそういうふうに導いていけたらなっていうのも思います。来年からそういう存在がいなくなる。自分たちがそういう役割をしなければっていうところで、頑張っていきたいなと思います」との思いも芽生えた。柱の1人、松田が抜ける来季。今宮はより一層リーダーとしての自覚を胸に、チームを引っ張っていく。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

KEYWORD