スカウトは「投球技術が身につけば…」 育成ドラ8宮崎颯は気持ちを押し出す左腕

ソフトバンク育成ドラフト7位・宮崎颯【写真:福谷佑介】
ソフトバンク育成ドラフト7位・宮崎颯【写真:福谷佑介】

「支配下はもちろん、1軍の戦力として期待できる投手」と担当スカウト

 ソフトバンクに、来季も新たな戦力が加わる。12月5日に行われた新入団選手発表会見で支配下6人、育成14人の計20選手がお披露目された。育成ドラフト7位の宮崎颯投手は最速147キロを誇り、球速以上にボールの力強さがある本格派のサウスポーだ。

 埼玉・上尾市の出身で、みなみエンゼルス、大宮リトルシニアを経て埼玉栄高へ。昨年亡くなった名将・若生正廣氏から指導を受け、東農大へと進んだ。大学では造園科学科に通い、特技は「剪定」と「大食い」という変わり種でもある。

 身長180センチ、体重80キロというガッチリとした身体つきの宮崎。担当の松本輝スカウトは「球威で押し込み、スライダー、カットボールを織り交ぜて打ち取るスタイル。投球技術を身につければ、支配下はもちろん、1軍の戦力として期待できる投手」と評価する。

 宮崎は自身の特徴について「躍動感のあるフォームから力強い球を投げて、気持ちを前面に出して打者を抑えていくというのが僕の持ち味だと思います」と語る。菊池雄星投手のようなストレート主体の投手像を理想に掲げる。野球以外の趣味は「ウエートトレーニング」。自身の長所という「真面目さ」を信念に、プロでも練習に励んでいく。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

KEYWORD