藤井皓哉、入団時から年俸9倍超 広島戦力外から2年で5000万円更改「想像超えていた」

契約更改交渉に臨んだソフトバンク・藤井皓哉【写真:福谷佑介】
契約更改交渉に臨んだソフトバンク・藤井皓哉【写真:福谷佑介】

球団歴代最高666%アップ、ソフトバンク育成入団時の年俸550万円から9倍超

 ソフトバンクの藤井皓哉投手が13日、本拠地PayPayドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、650万円から大幅アップとなる年俸5000万円で契約を更改した。669%アップは、球団では2017年の石川柊太投手の500%増(500万円→3000万円)を超える歴代最高アップ率となった。(金額は推定)

 育成で入団した際に550万円だった年俸は1年で9倍超に跳ね上がった。藤井は「良い評価をしていただいたので、見合った成績を出せるようにしたい。僕らも想像していなかったことなので、よくやってくれたと言ってもらいました」と表情を緩めた。大幅アップについては「数を数えました。想像を超えていましたね」と喜んだ。

 2014年のドラフト4位で広島に入団。4年目の2018年に8試合に登板したものの、2020年オフに戦力外となった。2021年シーズンは四国ILの高知でプレー。ソフトバンクの3軍戦でノーヒットノーランを達成するなど、11勝、防御率1.12、180奪三振の好成績をあげて、今季、育成選手としてソフトバンクに加入した。

 今春のキャンプではB組スタートだったものの、その能力を評価されてキャンプ途中にA組に昇格。オープン戦でも好投を続けて開幕前に支配下登録を勝ち取った。シーズン序盤はビハインドでの登板が中心だったが、好投が認められてセットアッパーに。最終的に55試合に登板して5勝1敗3セーブ22ホールド、防御率1.12の好成績を残して、藤本博史監督からは今季のMVPと評されていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

KEYWORD