鷹・上林誠知が契約更改で珍要求「鍛えてパツパツに」 伸びる生地のスーツを要望

契約更改交渉を終えたソフトバンク・上林誠知【写真:藤浦一都】
契約更改交渉を終えたソフトバンク・上林誠知【写真:藤浦一都】

来季から生地が変更になることが決まっており「安心しました」

 ソフトバンクの上林誠知外野手が12日、本拠地PayPayドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、今季の4350万円から600万円減の年俸3750万円(金額は推定)で契約を更改した。

 契約更改の席上、上林が珍しい要望を球団に出した。会見で「スーツが伸びない生地で、体を鍛えるとパツパツになる。今も結構パツパツで…」と明かす。球団のスーツの生地があまり伸縮性がないもののため、トレーニングで体が大きくなると、スーツの着心地も窮屈になる。そのため、伸縮性のある生地への変更を要望した。

 ただ、すでに来季の球団スーツの生地素材は変更になることが決まっているようで、上林も「伸びる生地を使っていただけるということで安心しました」と安堵の表情。リハビリ期間でのトレーニングで逞しさもましているようで、鍛えた体で来季、より一層パワーアップした姿を見せてもらいたいものだ。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

KEYWORD