「寂しい思いはありますが…」現役ドラフトで阪神移籍の大竹耕太郎のコメント

現役ドラフトで阪神が指名したソフトバンク・大竹耕太郎【写真:福谷佑介】
現役ドラフトで阪神が指名したソフトバンク・大竹耕太郎【写真:福谷佑介】

「地元・九州ということもあり、ここで育ててもらい、プレーしたことは人生の財産」

 ソフトバンクの大竹耕太郎投手が9日、現役ドラフトで阪神へと移籍することが決まった。大竹耕は今季1軍で2試合の登板に終わっており、新天地で再起をかけることになる。

 移籍が決まった大竹耕は球団を通じて発表したコメントは以下の通り。

「大した実績がなかった僕の可能性を見出し、プロ野球選手にさせてくれたホークスには感謝してもしきれません。ホークスには小さな頃からファンクラブに入るほど思い入れがあり、地元・九州ということもあり、ここで育ててもらい、プレーしたことは人生の財産です。個人的には寂しい思いはありますが、選手としては、新天地でひと花咲かせようという気持ちになっています。阪神はホークスと同じようにファンが熱いチーム。伝統もあり、あの甲子園で投げられると思うと今から気が引き締まります。これまでお世話になった関係者の皆さん、応援してくれたファンの皆さん、ありがとうございました。これからも僕らしく頑張ります」

(鷹フル編集部)

KEYWORD