鷹・泉圭輔、誹謗中傷に「家から出るのも怖くなった」 心の支えはファンの励まし

契約更改を行ったソフトバンク・泉圭輔【写真:代表撮影】
契約更改を行ったソフトバンク・泉圭輔【写真:代表撮影】

現状維持の2700万円で契約を更改、交渉後に心中明かす

 ソフトバンクの泉圭輔投手が7日、本拠地PayPayドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、現状維持の2700万円(金額は推定)で来季の契約を結んだ。交渉後の会見では優勝を逃した最終戦後に浴びた誹謗中傷による苦悩も告白。それ以上に励ましやエールを送ってくれたファンへの感謝と来季での恩返しを誓った。

 今季30試合に登板して0勝2敗6ホールド、防御率3.72の成績を残した泉。勝つか引き分けでリーグ優勝が決まる10月2日のロッテ戦では2点リードの6回に2番手で登板したものの、山口に逆転3ランを被弾した。チームはそのまま3-5で敗戦。オリックスが勝ったため、逆転でのリーグ優勝を許すことになった。

 試合後からSNS上では逆転弾を浴びた泉に対して心無い誹謗中傷が飛び交った。泉自身もこの言葉の数々を目にしており、当時の心中を「あの日、自分のせいで負けてしまって、バッシングというか、嫌でも誹謗中傷が目に入ってきた。あの試合から1週間くらいは家から出るのも怖かった」と明かす。

 その一方で立ち直るキッカケをくれたのも、ファンの言葉だったという。「それ以上にたくさんファンの方々から励ましの言葉、慰めていただく言葉をたくさんいただいた。温かい言葉が立ち直るきっかけになった」。支えてくれたファンの思いに応えたいという思いが強くなった。

 だからこそ、来季、その恩返しを果たしたい。泉は「励ましていただいたからこそ、あの経験から成長した自分を見せないといけない。ああいう経験を2度としないためにも、来年は今年以上に頑張らないといけない」という。温かいエールをくれたファンのため、泉は来季の飛躍を目指す。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

KEYWORD