鷹・田中正義、減俸にも感謝「ありがたいの一言」 6年目もプロ未勝利で100万円減

契約更改を行ったソフトバンク・田中正義【写真:代表撮影】
契約更改を行ったソフトバンク・田中正義【写真:代表撮影】

「来年も野球をさせていただける、契約させていただけて感謝しています」

 ソフトバンクの田中正義投手が2日、本拠地PayPayドームの球団事務所で契約更改交渉を行い、100万円ダウンの1200万円(金額は推定)で契約を更改した。来季7年目を迎える2016年ドラフト1位右腕は「ありがたいの一言です。来年も野球をさせていただける、契約させていただけて感謝しています」とダウン提示にも感謝を述べた。

 2016年のドラフト1位で創価大から入団した田中正は今季、先発ローテ入りを争いながら、右肩痛で開幕直前に離脱。その後はリハビリ組での調整が長く続き、ファームで実戦復帰を果たしたのは7月も半ばになってからだった。8月13日に今季初めて1軍に昇格したものの、今度は新型コロナウイルスの陽性判定を受けて再離脱。5試合の登板にとどまり、0勝0敗、防御率0.00だった。

 6年目の今季もプロ初勝利に手は届かなかった右腕は「6年間で1勝もしてないですし、今年も5試合しか投げていない。来年も野球をできるのはありがたい、しかないです」と厳しい表情。「先発として挑戦したいし、来シーズンは規定投球回を目指して頑張りたい」という来季に向けて1月は、昨オフまで行っていた千賀滉大投手らとの自主トレは行わず、1人でトレーニングに励む。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

KEYWORD