鷹が球界初の4軍制発足を正式に発表 最先端設備も導入、AIによる試合中継自動化なども

4軍制導入会見に出席した太田取締役専務COO、西田筑後市長、小川4軍監督、三笠取締役GM(左から)【写真:福谷佑介】
4軍制導入会見に出席した太田取締役専務COO、西田筑後市長、小川4軍監督、三笠取締役GM(左から)【写真:福谷佑介】

寮の増設やコーディネーターの導入、データサイエンスやバイオメカニクスも強化

 ソフトバンクは30日、プロ野球史上初となる4軍制導入を正式に発表し、ファーム本拠地「HAWKS ベースボールパーク筑後」で会見を行った。三笠杉彦取締役GMは「育成出身の支配下登録選手は12球団で最も多い12人。これをさらに発展させるということで今回4軍制を導入する」と語った。

 2023年は支配下選手、育成選手合わせて122人を予定しており、3・4軍合計で229試合を実施する予定。またコーディネーターを新設し、各軍を跨いだコーチ間の連携のみならず、データサイエンス部門、ハイパフォーマンス部門との連携を強化する。若鷹寮も増設し、2023年9月末に竣工する予定。2024年以降にはバイオメカニクスやトラッキングシステムを取り入れた最先端設備を導入し、テクノロジーやデータを活用できるトレーニング環境の構築を計画している。

 事業部門でも更なる拡大を目指す。選手との距離の近さを活かした筑後ならではのファンとの触れ合いの機会を創出し、地域連携も強化。地元・筑後の子どもたちには、3軍、4軍戦を無料で観戦できるようにする。3・4軍戦はホークスTVでも無料中継し、ホークスでは初となるAIを導入した全面自動化された試合中継導入も目指していく。

 三笠GMは「めざせ世界一をスローガンに取り組んでいる。メジャーに勝てる球団を作りたいと考えている。世界一のプロ野球チームになることを目指して取り組んでいきたいと思っています」と語る。球界初の4軍制導入。ソフトバンクが球界の最先端を走っていく。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

KEYWORD