27歳で身長伸びた!? 大竹耕太郎が明かした衝撃事実…繋がったトレーニングとは

契約更改交渉に臨んだソフトバンク・大竹耕太郎【写真:代表撮影】
契約更改交渉に臨んだソフトバンク・大竹耕太郎【写真:代表撮影】

和田との自主トレから取り入れたトレーニングに「いつも泣きそうに」

 25日に本拠地PayPayドームで契約更改交渉を行い、100万円ダウンの年俸2000万円(金額は推定)で来季の契約を結んだソフトバンクの大竹耕太郎投手。今季はわずか2試合登板に終わったが、自主トレをともにした和田毅投手からの効果は確実にあらわれていた。

 今年41歳となった和田は2020年シーズンを終え、自主トレからピラティスを導入した。呼吸とともにインナーマッスルを動かし、集中した状態を作ることで脳の神経を刺激しながら、活力を最大限に引き出す効果があるとされる。その和田の自主トレに昨オフから入門した大竹耕は「今日もピラティスしてから来ました」と、汗を流してから交渉に臨んだという。

 このピラティスの効果に「筋トレよりキツいです。自重でぷるぷるする感じ。いつも泣きそうになっています」と笑いながらも、確実に成長を実感していた。「全然違いますね。歩いている感じも違うし、体型が一番変わったので。前ももが削れて、お尻とかが(筋肉が)つきました」と語ると、衝撃の事実も付け加えた。

「あと身長も伸びました」

 公称の身長は184センチ。当然だが、成長期はすでに終わっており、骨格が伸びたわけではないだろう。体幹を強化することで姿勢も矯正され、猫背だった背中が真っすぐになったことで身長が伸びたのだという。「自分でもびっくりです」。求めていた球速アップも「平均して3キロ、4キロくらいは上がった。140キロより下はほぼなくなった」と手応えを感じ「150キロくらいを目標にしたい」と意気込んでいる。

 今季は1軍では2試合登板に終わるも、ウエスタン・リーグでは14試合に登板。体は元気に動く。あとは結果につなげるだけだ。来年1月も和田のもとで自主トレをする予定で「(学びたいのは)全部ですね。野球に限らず、私生活も。意外とああ見えて(和田さんは)遊び心もあるし。そういうところも学べたらと思います」と力を込めた。

(鷹フル編集部)

KEYWORD