大関友久「なかなか難しいかなと」 ブルペンで50球も不満げだった理由は?

ソフトバンク・大関友久【写真:伊藤賢汰】
ソフトバンク・大関友久【写真:伊藤賢汰】

秋季キャンプ第4クール2日目にブルペン入り

 ソフトバンクの大関友久投手が17日、宮崎・生目の杜運動公園で行われている秋季キャンプ第4クール2日目にブルペン入りし、約50球を投じた。課題として取り組むカーブなどを交えて投げ込んだものの、納得の表情とはいかなかった。

「なかなかちょっとうまくいかないところがあったので。何とかしていかないといけないなと思いました」。今季は開幕ローテーションに入って21試合に登板。7勝6敗、防御率2.93とチームの2位躍進に貢献した。藤本監督からも前半戦のMVPに挙げられた中、8月3日に左精巣がんで離脱。手術、入院を余儀なくされた。

 9月25日のロッテ戦で復帰したが、離脱前の出力を求めて、キャンプも仕上げに入っている段階。「球筋とか変化球は安定しているんですけど。ストレートの出力はもう少し出していきたい。そこはなかなか難しいかなと」と、まだまだ納得のいくボールとはなっていないようだ。

 150キロを超える直球は大きな武器。もちろん現状は、大関自身も理解している。キャンプの取り組みについて「トレーニングをしっかり追い込めたのが1番よかった。とにかく試行錯誤して、追い込むところは追い込んで、やれたキャンプだと思います」と振り返り「先発で1年間回って、日本一というところです」と、2023年を見据えた。

(鷹フル編集部)

KEYWORD