ラストマッチから約1か月… 鷹を退団した松田宣浩の今、来季に向けた新たな練習に挑戦

ソフトバンクを退団した松田宣浩【写真:藤浦一都】
ソフトバンクを退団した松田宣浩【写真:藤浦一都】

現役続行へ背中を押す思い「悔しくなかったらもう引退していた」

 今季限りでソフトバンクを退団し、他球団での現役続行を目指している松田宣浩内野手。17年間在籍したホークスでのラストマッチとなった10月1日のウエスタン・リーグの中日戦(タマスタ筑後)から約1か月が経った。新天地でのプレーを模索している松田がインタビューに応じ、現在の状況などについて語った。

 多くのファンに見守られ、涙も流したラストマッチから1か月。松田は現状について「新たな道に向けてしっかり自分でいろいろなことを考えながら、もう前向きに、もう来季はスタートしているんだと思ってやっています」という。トレーニングは継続しており、来季に向けての準備をスタートさせている。

 新たな取り組みも始めた。「新しいトレーニングを10月から11月、12月と3か月限定でちょっと1回やろうと思って。それはできているかなと思ってます。これまでウエートトレーニングしかやっていなくて、ただ、がっちゃんがっちゃんと鍛えてやっていたんですけど、もう来年は40歳になりますから、少し違う方面のトレーニングっていう形で導入しました」。トレーニング内容こそ「内緒」としたものの、復活に向けた試行錯誤も行っている。

 今季は43試合の出場に終わり、打率.204、本塁打はプロ17年目で初めて0本に終わった。“モデルチェンジ”を志したことが「失敗だった」という。「全部を変えようと思って失敗した。『1本の本塁打よりも3本のヒット』っていう、これまでやってきたことないことを、生き残るために春から取り組んできたけど、それがちょっと失敗な方向に行って結果が出なくて、こういう形になってしまった。もう1回戻ろうかなと思ってます」。本塁打を捨て、安打を求めたことで歯車が狂った。

「年を取っても、結局このスタイルでやってきたってことは数字的に残ってますし、それが駄目だった。これまでやってきた積み重ねで17年目が終わったらよかったんですけど、ゴロっと変えて、気持ちも心も変えていったのが本当に失敗。いろんな人にバッティングが小さくなった、弱くなったって言われた」。本来は本塁打を追い求める打撃スタイルだった。17年間培ってきたものを捨てたあげく、結果が出なかったのが悔しかった。

 それだけに40歳を迎えるプロ18年目は原点回帰。もう1度、強さ、豪快さを取り戻すつもりでいる。「今の現状で悔しくないのかって言ったらそうではなくて、悔しくなかったらもう引退していたと思う。悔しい気持ちが、39歳になってもあるってことが40歳に向けての第一歩。気持ちの面でもういいかなっていう気持ちになれなかった。そこだけには嘘をつけなかった」。まだ燃えたぎる熱男のハート。新天地で、もうひと花咲かせてみせる。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

KEYWORD