【小久保監督お説教】独立リーグ選抜に完敗… フェニックスリーグ最終戦のダイジェスト映像

 ソフトバンクの2軍は31日、宮崎県内で行われている秋季教育リーグ「宮崎フェニックス・リーグ」で日本独立リーグ選抜と対戦し、1-6で敗れた。先発の杉山一樹投手は5回を投げて4安打4四球2失点。2番手の高橋純平投手が乱調で、3つの四死球から満塁のピンチを招き、暴投と適時二塁打などで4点を失った。

 打線も独立リーグ選抜の投手の前にわずか5安打で1得点止まり。3回に相手のエラーで正木智也外野手が出塁すると、谷川原健太捕手、野村大樹内野手の連打で1点を返したが、得点はこれだけだった。フェニックス・リーグ最終戦となったこの試合のダイジェスト映像はこちらから。


(鷹フル編集部)

KEYWORD