「ブランドイメージの足を引っ張ってる」独立L選抜に完敗、小久保2軍監督の一問一答全文

ソフトバンク・小久保裕紀2軍監督【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・小久保裕紀2軍監督【写真:福谷佑介】

打線は5安打で1得点止まりに厳しく指摘…「今のレベルの現状があれ」

 ソフトバンクの2軍は31日、宮崎県内で行われている秋季教育リーグ「宮崎フェニックス・リーグ」で日本独立リーグ選抜と対戦し、1-6で敗れた。先発の杉山一樹投手は初回に四球で走者を出して適時打で先制点を与え、5回を投げて4安打4四球2失点。2番手の高橋純平投手が乱調で3四死球からピンチを招き、暴投と適時二塁打などで4点を失った。打線も独立リーグ選抜の投手の前にわずか5安打1得点止まりだった。

 試合後の小久保裕紀2軍監督の一問一答全文は以下の通り。

――投打ともに難しい試合になった。
「難しいというか、今のレベルの現状があれじゃないですか」

――フェニックス・リーグは8勝8敗。最後に課題が見えた。
「課題は最初からずっと一緒なんで。知らないピッチャーに対して、結局もうほとんど対応できなかったっていうことなんで、これから首脳陣の中で秋の練習で練習でいかにそういう練習を入れていくかっていうところを話していくしかないかなという感じですね」

「実際、選手に言いましたけど、今日とかもユニホームぐちゃぐちゃやったら、多分向こうの方がプロ野球選手かなって思うぐらいのものがあったと思うんですよ、正直。ホークスのブランドイメージは歴代の先輩方、今のホークスのレギュラー陣たちが、今日参加した甲斐拓也たちが引き上げてくれているだけで、お前たちは逆に足を引っ張っているんだから。このイメージを上げられる選手になることを願っている、そのために何をしたらいいかという秋のキャンプの時間にしてくれって。現状の立ち位置は、あなたたちは足を引っ張ってますよってことをはっきり言いました。事実ですから」

――フェニックス・リーグが始まる前には1人1人が課題を提出した。それが成果として出て、いい期間にできた選手はいますか。
「いやあ、課題通り、それをさばけていた子プラス、(渡邉)陸の場合はブロッキングとかやったけど、守備の子もいたんでね、守備の子はそういう課題はあったんですけど、バッティングはあんまりそこまで成果があったというか、できている子はあんまりいなかったかなという感じですね」

(米多祐樹 / Yuki Yoneda)

KEYWORD