【ゴンゾー躍動】谷川原が長打2本のマルチ安打! フェニックスLヤクルト戦ダイジェスト

 ソフトバンクの2軍は30日、宮崎県内で開催中の秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」でヤクルトと対戦し、1-3で敗れた。来季先発に転向する森唯斗投手が2本塁打を浴びるなど、5回を投げて5安打3失点。その後は2番手のマイロン・フェリックス投手が2回、3番手の甲斐野央投手が1回を投げ、それぞれ無失点だった。

 打線はヤクルトの竹山、柴田、長谷川の前に5安打1得点に終わった。谷川原健太捕手が2本の二塁打を放ち、チームで唯一のマルチ安打。仲田慶介外野手、正木智也外野手、川原田純平内野手がそれぞれ1安打を放った。勝連大稀内野手が監督を務めたこの試合のダイジェスト映像はこちらからご覧いただけます。


(米多祐樹 / Yuki Yoneda)

KEYWORD