鷹・藤井皓哉が“ポスト千賀”に浮上 藤本監督が先発転向構想明かす「今後相談して」

ソフトバンク・藤井皓哉【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・藤井皓哉【写真:荒川祐史】

今季セットアッパーとして大活躍だった藤井を「先発で使いたい」

 ソフトバンクの藤本博史監督が28日、藤井皓哉投手の先発転向構想を明らかにした。本拠地PayPayドームでの秋季練習で「藤井を先発で使いたいんですよね。元々独立リーグで先発やっているし、藤井を千賀の穴にって言うのはちょっと今後相談していこうかなと思っている」と明らかにした。

 藤井は昨オフに四国ILの高知からソフトバンクに育成選手として加入した。高知時代には11勝、防御率1.12、180奪三振をマークし、最優秀防御率と最多奪三振のタイトルを獲得。ソフトバンクの3軍との試合ではノーヒットノーランを達成するなど、先発として活躍していた。

 ソフトバンク加入後はリリーフとして開幕1軍を迎えると、シーズン途中からはセットアッパーを任され、55試合に登板。5勝1敗3セーブ22ホールド、防御率1.12の好成績を残した。藤本監督が「今年のMVP」と言うほど、チームに不可欠な存在だった。

 今オフ、千賀滉大投手が海外FA権を行使してメジャーリーグに挑戦することが確実。エースの流出は避けられず、その穴を埋める先発投手の台頭が必要だった。まだ構想段階で藤井本人の意志確認もこれから。指揮官は「僕の中でそういうイメージを持っている。秋から作っておけば、春に入ってこれる。春に言っても遅い」と語る。

「藤井と1回話し合って、本人がどういう気持ちでいるのかも踏まえてピッチングコーチとやっていきたい」と藤本監督。“ポスト千賀”として、千賀と同じく真っ直ぐとフォークを武器に大活躍した藤井が候補の1人に浮上してきた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

KEYWORD