イヒネ・イツアの単独指名に成功 藤本監督も期待の強打の遊撃手「足も周東の次」

ソフトバンクが1位指名した誉のイヒネ・イツア【写真:小林靖】
ソフトバンクが1位指名した誉のイヒネ・イツア【写真:小林靖】

くじ引きの機会はなく「クジなしで指名できて良かった」

 ソフトバンクは20日、都内のホテルで行われた「プロ野球ドラフト会議 supported リポビタンD」で公表通り愛知・誉高校のイヒネ・イツア内野手を指名した。重複することはなく単独指名に成功し、抽選担当だった藤本博史監督は「クジなしで指名できて良かったと思います」と安堵の表情を浮かべていた。

 イヒネは身長184センチを誇る大型内野手。強打のショートストップとして、球団では今宮健太内野手の後継者として期待し、1位で指名した。藤本監督は改めて「ショートをやり出して1年であの足の運びができるし、柳田に近い、遠くに飛ばせる力がある。飛ばせるということは前のフォロースルーが大きいということ。まだまだ伸びる。足も計測したら周東の次ということで期待できると思います。しかも肩も強い」と大きな期待を寄せた。

 藤本監督にとっては指揮官として初めてのドラフト。くじ引きの機会はなかったが、「緊張しましたけど、テレビで見てきたドラフトの雰囲気を感じられたのでいい経験が出来ました」と語っていた。

(鷹フル編集部)

KEYWORD