来季の“秘密兵器”に? 「非常に評価が高い」投手コーチも絶賛の育成ドミニカ人右腕

ソフトバンクのルイス・ロドリゲス【写真:上杉あずさ】
ソフトバンクのルイス・ロドリゲス【写真:上杉あずさ】

最速160キロを誇るロドリゲスは首脳陣も注目の逸材候補

 ソフトバンクに面白い存在がいる。今季、ドミニカ共和国から育成選手として入団したルイス・ロドリゲス投手。6月に入団した21歳はプロ未経験ながら、MAX160キロ超のストレートとスライダー、チェンジアップを操る右腕として、ドミニカでも注目されるアマチュア選手で、3軍首脳陣からも「非常に評価が高い」と注目される逸材だ。

 6月の来日後は、しばらくリハビリ組に混じって身体作りに励んできた。一度、3軍で実戦登板を果たしたものの、コンディションを崩し、スタミナ面の課題も露呈したため、再びリハビリ組でトレーニングを継続。シーズン終盤になって、3軍戦で登板を重ねるようになると、そのピッチングで強烈なインパクトを残した。

 6試合に登板し、6イニングで被安打1、四死球もわずか1個だけ。8つの三振を奪って、防御率は0.00。真っ直ぐは常時150キロ超をマークし、来日後の最速は155キロ。登板は全てリリーフながら、2勝0敗と勝ち運にも恵まれ、ロドリゲス自身も手応えを感じていた。

 ドミニカ人右腕について、若田部健一3軍投手コーチは「非常に評価が高い。外国人にしては変化球を操れるセンスがあるので、ちょっと大事に育てたい」と、そのポテンシャルの高さを認めている。最速160キロという触れ込みながら、コントロールに難があるタイプでもない。むしろ、変化球でもカウントを整えられ、かつ決め球にも出来るという器用さも併せ持っている。

 今季、ソフトバンクは有望な若手外国人選手も育成しようとドミニカ共和国、メキシコから4人を獲得した。そのうちの1人、マイロン・フェリックス投手は、3軍を経て2軍公式戦でも存在感を発揮。クライマックスシリーズ前に行われた1軍のシート打撃に、育成ながら参加すると、1軍の打者5人を相手に安打性の当たりを許さなかった。

 有望株の筆頭はこのフェリックス。ただ、若田部コーチは「なかなか3軍の選手が1軍のシートに呼ばれるってないので、そこは凄いなって。逆にそういうリクエストがあるってことは上(1軍首脳陣)の人たちもそういう期待感があるってことで。それに次ぐのがロドリゲス」とも語り、ロドリゲスのポテンシャルの高さにも期待を寄せる。

 3月に来日したフェリックスらより少し遅れての入団となったロドリゲスは、徐々に試合経験を積んでアピールしている。今後は3軍の韓国遠征には帯同せず、筑後で練習を続ける予定。フェニックス・リーグで“2軍デビュー”する可能性もあるという。数多くの育成選手の中でも、ロドリゲスはひときわ注目の存在となりそうだ。


(上杉あずさ / Azusa Uesugi)

KEYWORD