柳町同点打&正木勝ち越し弾で巨人に逆転勝ち 小久保2軍監督の一問一答全文

ソフトバンク・小久保裕紀2軍監督【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・小久保裕紀2軍監督【写真:福谷佑介】

正木は課題とされた右投手から一発「課題と言えるほど打席に立たせてもらってない」

 ソフトバンクの2軍は18日、宮崎県内で行われている秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」で巨人に3-1で逆転勝ちした。牧原巧汰捕手が監督を務めた一戦は1点を追う6回に柳町達外野手が適時打を放って同点に。8回には正木智也外野手が勝ち越しの2ランを放ち、この日から同リーグ参加となった面々がいきなり結果を出した。先発の田上奏大投手は6回を投げて8安打1失点。笠谷俊介投手が2回、椎野新投手が1回を無失点に抑えて逃げ切った。

 試合後の小久保裕紀2軍監督の一問一答全文は以下の通り。

――最後に正木選手が一発。1軍でやってるメンバーは違う。
「そうですね、佐藤直樹以外はね。佐藤直樹だけは(3打数0安打で)2軍メンバーと変わらんけど」

――(正木選手は)課題とされる右投手から打った。
「課題と言えるほど、打席に立たせてもらってないからね。基本、左投手専門みたいな感じになっていたんで。右の外に逃げるボール、スライダーというのが、多分あったんでしょうけど。今日も打ったのは真っ直ぐでしょう。それは(右投手が課題なのは)野村勇も一緒なんで。アイツも1年目であれだけ成績を残して、飛躍するかどうかは外のボール、スライダーに(バットが)止まるようになれば、率は勝手に上がってくると思う。小力あるし、足速いし、肩強いし、非常に魅力的な選手だと思いますよ。オールドルーキーですけど、レギュラーの一角をどこでも守れるんで、取るぐらいの目標で秋のキャンプまでやってほしいですよね」

――今日来たメンバーは特にそういう意識を。
「そこが入ってこないと1軍は活性化しないでしょうしね」

――先発の田上投手は粘りの投球。
「前回はビッグイニングを作ってしまって『打たれすぎじゃ』という話をした。今日もヒットを打たれたけど、要所は締めたんで。ただ、やっぱり、高卒1年目の子(秋広選手)に3本も打たれているようじゃ、寂しいですね。2本打たれて、3つ目のセンターに抜けたときの悔しがり方見たら、クソっていうのは出ていましたけどね。(秋広選手は)なかなかいい振りしていましたね。春から結構、1軍で引っ張られていたのはニュースで見てましたけど、あの大きさ、海野が肩までなかったからね。肩より下だった」

――今日の監督は牧原巧選手。野村勇選手が出た時にエンドランもあった。
「あれはエンドランじゃなくてランエンドヒット。それも評価は一応してるんでね、どういう野球感をしているかって。全会一致で、今まで(監督を)やらせた中のワーストという、残念ながら。予想通り。ある意味、その予想を裏切らなかった。無死一塁で仲田のときに、右打ちお願いしますって。右打ちなんやって、俺も(井出)竜也(外野守備走塁コーチ)も差されたね。まさか右打ちが出るなんて思わないんで、差されたという」

「仲田が頑張って右打ちしたけど、結局、右に打ってくるのが分かるんで、右に打ちにくい球を投げられて二塁へのゲッツー。キャッチャーやったら、仲田みたいな相手だったら、一、二塁間にゴロを打ちにくる(と考える)。1打席目も同じ感じでファインプレーで取られて、ランナー一塁でなおさらそういうバッティングしてくるって、キャッチャーだったら思わん? っていう話をしたら(牧原巧は)思いますって。それで右打ちのサイン出したんってね。ワハハハハ。面白いですね」

――仲田選手が監督をした時に助言を送っていた。
「(走者が)出た時は言わないですよ。出た時に言ってしまうと躊躇するんで。出し終わった後ですね。ランナー一塁で右打ちのサインは今年、僕は一、二塁でバント失敗した後に出した1回だけなんです。僕の下でずっとやっていたはずなのに、出した意図は何? って聞いたら、1死二塁で単純に送っても、続くのが9番、1番の打順だったので、あれがクリーンナップだったらと思った、と。それはそれで分かるんですけど、できれば一、二塁を作って(9番の)川原田にバントなら、それは分かるんです。でも、キャッチャーやったら、あの打ち方ならインサイドに来るよね、みたいなところも多分、今日は勉強になったと思いますよ」

――今日の守備のリーダーは?
「今日は川原田だったと思います。あんまり迷うところはなかった。5回の(巨人)湯浅のときに、1死一、三塁の場面で中間でホーム優先のゲッツーにするか、それか本当のゲッツーかっていうところ。あそこが一番、我々もどうしますかっていうことになるんで。迷ったり、考えるという点ではその場面はズレてなかったです」

――増田選手が途中から出て2本。
「そりゃね、上から外野手3人が降りてきたその日にスタメンから外されたわけなんで。そりゃ『このやろう』と思ってますよ。出て、絶対バッティングやったら負けんって、そういうのが大事なんで。絶対それを思っていたと思いますよ」

――正木選手がホームラン打った後の次の打席もフェンス直撃。
「初球をね。あのメンバー(柳町、正木、佐藤直)が来た時は、4番目に回されるんやっていうことは、それは悔しいでしょうね。しかも、そこそこ、このメンバーの中ではしっかりと対応できていたバッターなんで。ちょっとその辺はそういう狙いもあって、やっているんで」

――練習中に増田選手に声をかける場面もあった。
「アイツは左肘が結構ピンと張るんで。だから多分、開きが早くなってくる。疲れてきたらやっぱり開きが早くなるのは、左肘張りすぎるが故に、回ってこないと間に合わないからじゃないって話はした。彼はそれをわかってたんで」

(米多祐樹 / Yuki Yoneda)

KEYWORD