ソフトバンク、1勝4敗で日本S進出ならず オリックスにサヨナラ負けで終戦

ソフトバンク・藤本博史監督【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・藤本博史監督【写真:荒川祐史】

同点で迎えた9回に守護神のモイネロがサヨナラ打浴びる

■オリックス 3ー2 ソフトバンク(CSファイナル・15日・京セラドーム)

 ソフトバンクが2年ぶりの日本シリーズ進出を逃した。15日、敵地・京セラドームで行われたオリックスとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第4戦。同点で迎えた9回にサヨナラで敗れ、アドバンテージを含めて1勝4敗となり、敗退が決まった。

 先制したのは突破に王手をかけていたオリックスだった。4回。先発の和田が先頭の中川圭に左前安打で出塁を許すと、吉田には高めに浮いたチェンジアップを捉えられて、中堅右の5階席まで届く特大の2ランを浴びた。

 6回までゼロ行進が続いていたソフトバンク打線は7回、1死から柳田が四球を選んで出塁すると、続くデスパイネが山崎颯の真っ直ぐを完璧に捉え、左中間スタンドへ。起死回生の2ランで試合を振り出しに戻した。

 同点のまま試合は9回へ突入すると、守護神のモイネロが中川圭に痛恨のサヨナラ打を浴びて、まさかのサヨナラ負け。1勝4敗で敗退が決まり、2年ぶりの日本シリーズ進出はならなかった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

KEYWORD