序盤は“シンカー封印”で西武打線を翻弄 東浜巨が試みたシーズン中との変化

西武戦に先発したソフトバンク・東浜巨【写真:荒川祐史】
西武戦に先発したソフトバンク・東浜巨【写真:荒川祐史】

「シーズンの配球と僕の特徴を見直した時にシンカーを待っている感じがあった」

■ソフトバンク 8ー2 西武(CSファースト・9日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは9日、本拠地PayPayドームで行われた西武との「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファーストステージ第2戦に8-2で勝ち、ファイナルステージへと駒を進めた。先発した東浜巨投手が5回1失点と好投し、自身にとってクライマックスシリーズ初白星をあげた。

 初回1死から連続三振を奪う3者凡退の立ち上がりに「いい形でスタートできたと思う」。この日の序盤は得意のシンカーを封印してストレートを中心にカーブ、スライダーを多投した。「僕の場合はシーズンで西武さんに一番投げているピッチャーなので、シーズンの配球と僕の特徴を見直した時に(相手が)シンカーを待っている感じがあったので、序盤にまっすぐを使っていこうと決め事をして、それがうまくはまったかなと思います」。捕手の甲斐ともしっかりとプランを立て、それが奏功した。

 2回先頭で迎えた山川に対しては、フルカウントからインコースのストレートで見逃し三振に。この日は真っ直ぐの球速は140キロ台後半止まり。ただ、この1球を含め、素晴らしい制球を見せて西武打線を抑え込んだ。「出力がそこまで出ていなかったので、しっかりラインを出してコントロールを意識して投げることができました」と振り返った。

 5回に三塁打をきっかけに1点を失い、なおも1死二塁のピンチを背負ったが、後続2人を外野フライに斬って最少失点で切り抜けた。5回86球で降板となり、ブルペンに後を託した。「出力が上がらなかったし、80球ちょっとでは個人的には恥ずかしい降板だと思っています。ただチームが勝つことを大前提で考えれば、5回のピンチは最少失点で抑えるようにしっかり腕を振っていこうと割り切っていました」。チームの勝利だけが求められる短期決戦で、十分に役割を果たした。

 東浜は2018年の日本シリーズ第4戦で勝ち投手になっているが、意外にもクライマックスシリーズでの白星は初めて。「CSは勝っているイメージもないし、抑えているイメージもなかったです。ここで勝ちがついたので次にいい形で入れると思います」。12日から始まるオリックスとのファイナルステージに向けて「(登板が)回ってくるものと思って明日からしっかり調整していきたい」と意気込んだ。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

KEYWORD