ドラフト1位指名から約1年… “プロ初登板”を果たした風間球打の胸中は?

ソフトバンク・風間球打【写真:上杉あずさ】
ソフトバンク・風間球打【写真:上杉あずさ】

高卒ルーキーの中では最も遅い実戦デビュー「今日は大事な日だなと」

 ソフトバンクのドラフト1位ルーキー風間球打投手が6日、タマスタ筑後で行われたアストロブレーブス(ルートインBCリーグの茨城と栃木の合同チーム)との3軍交流試合で実戦初登板を果たした。先発でマウンドに上がると、1イニングを投げて1安打無失点。球場のスピードガンでは149キロが最速だったが、球団のガンでは最速150キロを計測した。
 
 1位で指名されたドラフト会議からおよそ1年。風間がとうとうホークスのユニホームを身をまとい、タマスタ筑後のまっさらなマウンドに上がった。昨夏の甲子園以来となる実戦マウンド。「緊張はしました。でも、どちらかと言うと楽しみっていう気持ちが大きかったです」という風間は初回、先頭の上田にいきなり中前打を浴びた。ただ、続く若松を遊飛、内山を左飛に打ち取り、4番の叺田は129キロのチェンジアップで見逃し三振に仕留めた。

 ノースアジア大明桜高からドラフト1位で入団した最速157キロの右腕だが、ルーキーイヤーは右肘痛などの影響もあってリハビリ組でトレーニングを続けてきた。同期の高卒ルーキーの中では1番遅いデビュー戦。同僚たちが次々と実戦デビューを果たしていく中で、もどかしい気持ちも当然抱えていた。

 だからこそ、ようやく迎えたプロ初登板は「怪我で投げられなかったので、今日は大事な日だなとすごく思いました」と意気込んで迎えた。結果は上々の1回無失点。球速も安定して140キロ台後半の数字をたたき出したが、風間は「球速よりやっぱキレとかがまだまだですね。当てられてしまっているので、空振りとかをしっかりと取れるような真っすぐを投げられれば」と、満足する様子はなかった。

 実はこの日の登板は、首脳陣から“オール直球”でいくようにと指示されていたという。だが、先頭打者に粘られたこともあり「ちょっと(タイミングを)外さないと一生終わらない」とカーブ、フォーク、チェンジアップも織り交ぜることにした。結果的には打者4人中3人を変化球で打ち取ったが、これも直球のキレに満足できなかったことの表れでもある。

 これだけ実戦から離れるのは野球人生でも初めて。「自分もびっくりというか、今まで(怪我も)なかったので。自分も理解しながら、力だけじゃなく、フォームだったり、いい力具合で投げられればなと思います」と苦い経験もプラスに捉える。「高校のときのように真っすぐのスピードは段々出てきたので、これからはこの身体をうまく生かして千賀さん達のようになりたい」。風間の目指すのは、大先輩である千賀滉大投手が投げるような、力感がなくてもキレのある真っ直ぐ。未来のエース候補が、プロとしてようやく一歩目を踏み出した。

(上杉あずさ / Azusa Uesugi)

KEYWORD