大関の復帰登板に「今日もジーンと来た」 快勝だった藤本博史監督の試合後の一問一答全文

ソフトバンク・藤本博史監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・藤本博史監督【写真:藤浦一都】

甲斐が今季初ホームラン「本人が一番喜んでるじゃないですか」

■ソフトバンク ー ロッテ(25日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは25日、本拠地PayPayドームで行われたロッテ戦に10-0で大勝し、優勝へのマジックを「5」に減らした。3回に三森、牧原大の適時打で2点を先制すると、4回には甲斐が今季初本塁打となる3ラン。5回には中村晃が2試合連続の7号3ランを放ってリードを広げた。千賀は6回無失点の好投で11勝目を挙げた。

 試合後の藤本博史監督の一問一答全文は以下の通り。

――10安打10得点と打線が活発だった。
「そうですね、今日はよく打ってくれました」

――甲斐選手が初ホームラン。
「なかなか本当に今年はホームランも打てなかったんですけどね、本人が一番喜んでるじゃないですか」

――3本のホームラン。打線の状態が上がってきた。
「明日、佐々木朗希くんなんで、ちょうどいい感じで入っていけるんじゃないかなと思います」

――千賀投手はしっかり試合作った。
「要所要所はしっかり抑えてくれたんで。無駄なフォアボールもありましたけど、その辺はさすがエースだなと思います」

――大関投手が復帰登板。
「もう2回、安定したピッチングしてくれているんで。今年の場合はちょっと残りの試合は中継ぎで入ってもらってるんですけど、中ロングという形も可能性があるんで、今日は2イニングを行ってもらいました。いいピッチングでした」

――イニングの途中に何か話をされていた。
「復帰してから3軍、2軍と投げたんですけど、1イニングしか投げていないんで。この先に2イニングも3イニングも可能性があるんで、行けるかっていうことを聞いたら『行かせてください』ってことで、気持ちよく、2イニング目いってくれました」

――昨日に続いて投打かみ合っての勝利。明日は佐々木朗希投手が先発です。
「今日みたいな連打はなかなか難しいかもわかりませんけど、魂を込めて、打席でしっかりといってくれたら何とかなるんじゃないかなと思います」

(ペン記者囲み)
――田中投手も帰ってきた。
「やっぱりスピードガンより、バッターがああやって見送ったり、空振りしてる姿を見たら、やっぱり手元で来てるんじゃないかなと思いますよね。もともと154、5キロ出るピッチャーですからね、そこまでは来ていないんですけど、150前後の球でしっかり空振り取れてるということは、なかなかいいんじゃないかなと思います」

――大関投手にはジーンとくるものが?
「歳いったらジーンと来ることが多いんでね。昨日もジーンときたし、今日も復帰でジーンときたし。本当にいいピッチング。ドキドキしながら見ていたんですけどね。2人が1番ドキドキしてるでしょうから。本当2人ともいいピッチングしてくれたなと思います」

――3回はいい攻撃で先制。
「やっぱりああやって繋ぐバッティング、両方ともタイムリーですけど、牧原(大)なんか追い込まれてから何とかこう食らいついていく姿勢がいいですよね」

――試合前には左打者には外が多いと。
「どっちか言うたら、左バッターに対しては、外が傾向として多い。ただ今日はちょっとインコース突かれていたんで、初回なんかね。そこで惑わされないのがよかったんじゃないかなと思います」

――甲斐選手の初本塁打は。
「昨日あたりからちょっと力感なく立っているでしょ。あのホームランを打った次の打席、ちょっと振り上げとったね。だからホームランって毒まんじゅうになるんよね。せっかく今日はいい感じで入ってるなあと思ったら、ホームラン出てね。今宮は振ってないですよ」

――甲斐選手は特に終盤戦、リード面でも頑張っている。
「頑張ってますよ。守備ではすごい貢献してくれてるんでね。あとは打つ方ね、もう少しコンスタントに打てるようになったらいいんじゃないかなと思いますけどね」

――千賀投手は。
「今度、中5日になるか中6日になるか分からないけど、次の登板があるんで、もう100球超えたところでやめようということで、もう最初から決めていたんですよね」

――ちょっと四球が多かった。
「初回は素晴らしい、前回も初回素晴らしかったんですけどね。5回ぐらいから先頭バッターにフォアボールとか、9番にフォアボールとかね。一番安心なところでフォアボール出しているケースは、ちょっと余裕を出しすぎているのか、疲れなのかわかんないですけど、その辺はね、次の試合はもうビシッといってもらいたいですね」

――8月26日以来の2桁得点。明日が勝負どころ。
「明日にちょっと取っておいた方が良かったかもね。もう食らいついていくだけです。もう1人1人、魂込めて、球が速かろうが、同じ人間なんだから何とかやらないと、1人1人がそういう執念を見せてくれたら攻略できるんじゃないですか」

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

KEYWORD