鷹リチャード、ウエスタン新記録の26号本塁打 城島健司の記録を26年ぶり更新

ソフトバンク・リチャード【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・リチャード【写真:福谷佑介】

8回に広島の菊池から左中間スタンドへ豪快弾

 ソフトバンクのリチャード内野手が24日、ウエスタン・リーグの広島戦で同リーグ新記録となる26号本塁打を放った。8回の打席で広島の菊池から左中間スタンドへと飛び込むソロ本塁打を放ち、城島健司(現球団会長付き特別アドバイザー)の持つ記録を抜き、リーグ新記録を樹立した。

 23日の同戦で25号3ランを放って城島氏の持つリーグ記録に並んでいたリチャード。この日は「4番・一塁」でスタメン出場すると、2点を追う8回の第4打席で豪快な一発。広島の菊池が投じた真っ直ぐを完璧に捉えると、打球は左中間の防球ネットに突き刺さった。

 これでリーグ新記録となる26号本塁打に。1996年に城島健司氏が記録した25本塁打を抜き、リーグ新記録となった。

(鷹フル編集部)

KEYWORD