【動画】練習後には“コーラ争奪戦” 高橋礼が語る専大松戸高時代の秘密

 ソフトバンクの高橋礼投手がインタビューに応じ、高校時代の思い出について語り明かした。仙台育英が東北勢として初めて優勝し、幕を閉じた夏の甲子園。今はプロ野球の世界で奮闘するソフトバンクの選手たちもかつて、甲子園を目指して汗を流した高校球児だった。

 高校野球界では、各学校にそれぞれ特徴のある伝統やしきたり、そして練習方法などが存在する。高橋礼の母校・専大松戸高にも独特な伝統や習わしがあるよう。練習後には“コーラ争奪戦”が起こり、高橋礼自身は夏の県大会直前にスライダーだけ300球を投げた経験もあるとか……。その理由とは?


(米多祐樹 / Yuki Yoneda)

KEYWORD