【動画】履正社高はセンバツに絶対出たい? 田上奏大が明かす母校の秘密と“あるある”

 仙台育英が東北勢として初めて優勝し、幕を閉じた夏の甲子園。今はプロ野球の世界で奮闘するソフトバンクの選手たちもかつて、青春時代を過ごし、甲子園を目指して汗を流した。高校野球界では、各学校にそれぞれ特徴のある伝統やしきたり、そして練習方法などが存在する。

 田上奏大投手の母校・履正社高にも独特な伝統があるよう。意外なベンチ入りメンバーの決定方法や「ワンダー」と呼ばれる謎の練習方法、センバツ出場に並々ならぬ意欲を持っていた理由などを田上が語り明かした。


(米多祐樹 / Yuki Yoneda)

KEYWORD