ソフトバンク、2連勝で首位死守 デスパ決勝2ラン&板東7回2失点で首位攻防戦勝ち越し

ソフトバンク・藤本博史監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・藤本博史監督【写真:藤浦一都】

2回には今宮が2試合連続本塁打となる同点ソロ

■ソフトバンク 5ー2 西武(3日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは3日、本拠地PayPayドームで西武と戦い、5-2で2連勝を飾った。初回に先制されたものの、今宮、デスパイネの本塁打などで試合をひっくり返し、首位攻防戦での勝ち越しに成功し、西武に1ゲーム差をつけた。

 初回、先発の板東が森にソロ本塁打を浴びて先制されるも、2回に今宮が2試合連発となるソロで同点。3回にはデスパイネが2ランを放って勝ち越した。4回には甲斐の適時打、5回は相手の失策で加点してリードを広げた。

 先発の板東は初回に1点を失ったものの、150キロを超える真っ直ぐと変化球を制球良く投げ分け、西武打線を封じた。7回先頭の中村にソロを浴びたものの、自身最長となる7回を投げ抜き、4安打2失点と好投。リリーフ陣も西武に反撃を許さずに逃げ切った。板東は2勝目。ソフトバンクはロッテに3連敗したものの、西武に2連勝となった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

KEYWORD