なぜスタメン抜擢の海野に5回で代打? 鷹・藤本監督が繰り出した“勝負手”の思惑

ソフトバンク・藤本博史監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・藤本博史監督【写真:藤浦一都】

「気分転換で、ちょっと先に」とスタメンに抜擢した海野だったが…

■ロッテ 7ー0 ソフトバンク(1日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは1日、本拠地・PayPayドームで行われたロッテ戦に0-7で敗れ、3連敗となった。先発のレイが2回に井上にソロを浴びて先制点を献上。3回には2つの四球で走者を出すと、2本の適時打を浴びて3点を失った。打線はわずか4安打。増田珠内野手が1人、マルチ安打と気を吐いたものの、26イニング連続無得点、2試合連続の完封負けとなった。

 この日、ソフトバンクベンチは正捕手の甲斐拓也捕手ではなく、スタメンに海野隆司捕手を起用した。「気分転換で、ちょっと先に海野でいこうかって。レイとは2回組んでいるんでね。2点で抑えているっていうところもあるし、甲斐もちょっとここ最近疲れている」と藤本博史監督。だが、序盤で劣勢に立たされると、この捕手のところで勝負に出た。

 2回に1点、3回に3点を失い、4点ビハインドで迎えた5回だった。1死から増田が左越えの二塁打を放つと、海野に打順が巡ってきた。ここでベンチは動く。まだ5回、この日1打席しか立っていなかった海野に代えて、野村大樹内野手を代打で送った。

 野村大は2ボール2ストライクと追い込まれてから、ファウルで粘りを見せて四球を選んで起用に応えた。ただ、このチャンスで三森大貴内野手、野村勇内野手がロッテ先発の美馬学投手の前に連続三振。この日あった数少ないチャンスで得点を奪うことができなかった。

藤本監督の頭にあった「7回までに何とかしなくちゃいけない」

KEYWORD