鷹・周東佑京、チーム救った超美技の真相 指揮官絶賛も本人明かす“判断ミス”

ソフトバンクの周東佑京【写真:藤浦一都】
ソフトバンクの周東佑京【写真:藤浦一都】

「自分的にはもうちょっと余裕持って捕れるかなと思ったんです」

■ソフトバンク 5ー4 オリックス(13日・PayPayドーム)

 13日に本拠地PayPayドームでのオリックス戦で劇的なサヨナラ勝ちを収めたソフトバンク。勝利の立役者は周東佑京内野手だった。同点で迎えた9回に劇的なサヨナラ弾。2回2死満塁のピンチでは、チームを救う大ファインプレーも見せ、藤本博史監督から「今日は周東デーですね」と絶賛されるほど、攻守に渡って大活躍した。

 初回に内野安打で出塁、すかさず盗塁を決めると、続く今宮のバント内野安打と相手のエラーで先制のホームを踏んだ周東。2回には2死満塁で、中川圭が放った頭上を襲う大飛球を、俊足を飛ばして好捕する超絶美技。指揮官も「大ファインプレーですよ。もう完璧に捉えられていただけに、あれは周東しか捕れないでしょう」と目を細めていた。

 ただ、周東自身のこの美技の受け止め方は違った。「自分的にはもうちょっと余裕持って捕れるかなと思ったんです。思ったより打球が伸びてきてちょっと焦りました。もう少し判断ができていれば、あんなにギリギリにならなかったのかなと」。ギリギリの大ファインプレーにだったかと思いきや、当の本人にとっては納得のいかないプレーだったのだ。

 それもこれも、高い次元でのプレーを求めているからこそ。1番打者として7試合連続で得点、チームは3試合連続で初回に得点している。「1番・中堅」がハマりつつある周東。先制点を生み、大ファインプレーにサヨナラ弾。この日は、まさに攻守にわたる大活躍だった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

KEYWORD