【動画】回復ぶりと頑張りが一目瞭然… 上林誠知の地道なリハビリ1か月半ドキュメント

 右アキレス腱断裂の大怪我を負い、リハビリ調整を続けているソフトバンクの上林誠知外野手。5月20日の西武戦(那覇)で負傷し、競技復帰まで6か月程度と見込まれている。6月21日にリハビリ組に合流し、そこから約1か月半が経過し、キャッチボールを行うまでに回復している。

 リハビリ組合流当初は足首に装具を着けて、自力での歩行も困難な状態だった。そこから懸命に地道なリハビリを続け、トレーニングのメニューも徐々に強度がアップ。リハビリ当初から「鷹フル」カメラが撮影してきた上林選手の1か月半のリハビリの様子をまとめました。一歩一歩、回復し、復活に向けて段階を上げる姿をご覧ください。


(鷹フル編集部)

KEYWORD