ソフトバンク、連勝は3でストップ “一発病”で逆転負け、3位オリと1ゲーム差に

ソフトバンク・藤本博史監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・藤本博史監督【写真:藤浦一都】

杉山が吉田正に2発、2番手の泉が紅林に勝ち越し2ランを浴びる

■オリックス 6ー3 ソフトバンク(12日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは12日、本拠地PayPayドームでオリックスと戦い、3-6で逆転負けし連勝は3でストップした。先発の杉山が初回、5回と吉田正に本塁打を浴び、2番手の泉も紅林に勝ち越し2ランを許した。打線も初回に3点を奪ってからはゼロ行進が続き、試合をひっくり返されて以降は反撃できなかった。

 杉山は初回、1死から中川圭に四球を与えると、吉田正に続けたストレートを完璧に捉えられて先制2ランを浴びた。その裏、味方打線が繋がり一気に3点を奪って逆転したものの、右腕はその後も不安定な投球を続けた。
 
 2回は四球でヒット、3回には3つの四球を出してピンチを招く。辛うじて無失点で粘っていたものの、5回に吉田正にこの日2本目の本塁打となるソロを浴びて同点に追いつかれ、5回途中3安打6四球3失点で降板。代わった2番手の泉が紅林に勝ち越し2ランを浴びてリードを奪われた。

 1回に4安打を集中させて3点を奪った打線も、2回以降は先発の竹安らオリックス投手陣の前にわずか2安打に抑え込まれて、終盤にかけてチャンスも作れず。直接対決に敗れ、3位のオリックスとは1ゲーム差となった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

KEYWORD