3戦連発のリチャード、1軍昇格に必要なことは? 小久保裕紀2軍監督の一問一答全文

ソフトバンク・小久保裕紀2軍監督【写真:上杉あずさ】
ソフトバンク・小久保裕紀2軍監督【写真:上杉あずさ】

3戦連発でも求められる課題「仕留められるボールは仕留めておかないといけない」

 ソフトバンクの2軍は9日、タマスタ筑後で行われたウエスタン・リーグの中日戦に7-3で勝利し、4連勝とした。2回に真砂勇介外野手の6号3ランなどで4点を先制すると、3回にはリチャード内野手の3試合連続となる13号2ランで加点。7回にはリチャードが満塁の好機で犠飛を放って更に1点追加し、突き放した。

 また左手親指の骨折で離脱している三森大貴内野手が「1番・二塁」で実戦に復帰し、3打数1安打。先発した育成左腕の三浦瑞樹投手は6回2失点の好投で2勝目を挙げた。この日の試合後の小久保裕紀2軍監督の一問一答は以下の通り。

――三森選手が復帰しましたが。
「もう痛くないみたいですよ。えらいくっ付くの早かったね。1か月ぐらいよね? パキッと折れとったらしいですけど。全然痛みさえなければ、あとは手なんでね。下半身はもうずっと(練習)できていたんで。しかも、投げる方は問題なかったし、左の指でしょ。足が動けてるから、やっぱり早いんでしょうね」

――バッティングのブランクは?
「あまり感じないですね」

――これからも2軍戦に出場していく?
「ちょっとまだそこは上とは話はしていないんで。また明日も当然スタメンで行くと思いますけどね」

――リチャード選手が3試合連続のホームラン。
「今日のホームランもそうですけども、バンバン点取った後に追い上げられて結構気持ち悪い試合の中で、あの(7回無死)満塁での犠牲フライ。あっちの方が価値ありますね」

――これまではホームランを打ってもその他の打席が課題と。
「今日はあの打席はあったし、バッティングの状態的にもだいぶ良くなってるんで。実際、7月から8月にかけての打率もだいぶ上がってきて、やっと2割バッターになった。レベルの低い話ですけど、1割台から2割台になってるんで、あの満塁の犠牲フライが良かったですね」

――リチャード選手は頭の部分だとおっしゃられてきた。
「そうです。まあ、でも、あれだけヘロヘロのピッチャーに対しての4打席目、まだ2球目のボールからボールのチェンジアップを振るぐらいなんで。で、カーブを今度は入れすぎて。最後高めに浮いてきたから引っ掛かりましたけど、もうちょっと何て言うんですかね、追い込まれた後の対応は良かったけど、あれが低かったらどうかって考えると、その前に仕留められるボールは仕留めておかないといけないですよね。彼は集中力、集中力じゃないな、ボールの待ち方とかだね」

――中谷選手が3安打、真砂選手はホームランを含む2安打。
「右の外野手はいい状態で来てますね。『どうだ?』って聞かれたら彼らの名前が挙がってくると思いますね」

――中谷選手は昇格候補という話でしたが、真砂選手はどうですか。
「真砂も良くはなってきてるんですよ。好調打者に入れるかどうかはちょっとまだ話はしてないですけどね。良くはなってきてます」

――渡邉陸選手の4打席目、プッシュバントは?
「あれは自分でやりました。サインは出してないですよ。ちょっと早めにバントは出しておこうと決めていたんで。やっぱりバントから遠ざかってると、上に呼ばれたらバントの可能性があるんで。状態いい選手が呼ばれたときに、いくら状態がいいと言っても、僅差じゃ絶対にバントがあるんで、それはやらせておかなきゃいけないから、もう今日は初回からその話はしてましたし」

「あそこはもう別にね、力加減を見ても向こうはピッチャーいないんで代えれないし、100球近くなってボール的には全然大したことなかったんで、どうぞ打ってきなさいと思ったら、自分で考えて。結果的にはあのイニングの1点で、今日は楽に最後を見られたっていうのは、あの1点ですね。あれがないと今日はしんどかったと思います。

――三浦投手も安定してゲームを作った。
「そうですね、足りないところを挙げれば、キリがないですけども、今日もピッチャーがいなくて6回、7回まで、6回までは絶対行ってもらわないといけないっていう試合だったんで。使えるピッチャー4人だけだったから。今日4人使いきったんで、そういう点ではアクシデントなく、こういうコロナでちょっとピッチャーが足りない中で頑張ってくれていますね。2勝目ですよね。真っすぐの力がもっと上がってくればとか、いろいろありますけど、結果的にゲーム作ってくれてることに関しては、今日も彼がこけると、ゲームプランどうしようかなっていうことになっていたんで」

――投手は6人しかベンチに入ってなかった。
「そうそう、でも2人は使わない(予定だった)。明日に取っているんで、もう実際に使えるのは4人だけだった。もうここ最近ずっとそんな感じなんで、なかなかゆったりは見られないですね。アクシデントはやっぱりあるんで。危険球退場もあるし、ピッチャーライナーもあるし、いろいろあるんで、そういう点ではしっかりゲームを作ってくれたことは良かったですね」

(上杉あずさ / Azusa Uesugi)

KEYWORD